12歳の若さで命を落としてしまった少女。10年後の自分に宛てた手紙とは

12歳の若さで命を落としてしまった少女。10年後の自分に宛てた手紙とは
12歳の若さで命を落としてしまった少女。10年後の自分に宛てた手紙とは

少女の名はテイラー・スカウト・スミスさん。
2014年1月に肺炎を患い、わずか12歳の若さで亡くなってしまいました。

テイラーさんは、亡くなる数か月前に
10年後の自分に宛てて書いた手紙を残していました。
その内容ががあまりにも切ないのです。。。

テイラーさんが亡くなってしまった後、彼女の両親は部屋の整理を始めました。
すると、一通の封筒が見つかります。

イラーさんが亡くなってしまった後、彼女の両親は部屋の整理を始めました。すると、一通の封筒が見つかります。

そこには、「テイラー・スミスが、2023年4月13日に開けること」と書いてありました。
しかしその下には小さな文字で、もし何かあれば開けてもいいことを示唆する内容が書かれています。。。

テイラーさんの両親は迷ったあげく、思い切って開けることにしました。


12歳の若さで命を落としてしまった少女。10年後の自分に宛てた手紙とは