涙腺崩壊『犬の遺言』愛犬が最期に望むものは??

犬
犬

ペットを飼っている限り避けられない「お別れの時」
犬も猫も、多くの動物が人間よりも寿命が短いため、最愛のパートナーの最期は飼い主が看取ることになります。

何年間も一緒に過ごしたパートナーが亡くなったら…その悲しみは例えようもないかもしれません。

もし、家族ともいえる犬が言葉を残すことができたら。
もし、自分が亡くなったことで、あなたが泣き崩れるようなことになったら。

大切な犬の視点で書かれた遺言に、涙があふれてきます。

犬の遺言

人間は死ぬとき、
遺言を書いて、
愛する人に全てを残すという。
ボクにもそういう事が
できるなら、こう書くよ。
可哀想なひとりぼっちの野良犬に
ボクの幸せなお家を譲ります。
ボクのフードボールや
豪華なボクのベットも
柔らかい枕もオモチャも
大好きな(飼い主の)膝の上も
ボクを優しく撫でてくれるその手も
優しい声も
今までボクが占領していた
あの人(飼い主)の心も
あの人(飼い主)の愛も…
ボクに穏やかな
最後を過ごさせてくれたその場所を
ボクをギュッと抱きしめてくれた
そのぬくもりも。
ボクが死んだら、
「こんなに悲しい気持ちになりたくないから
もう2度とペットとは暮さない。」
って言わないで
その代わりに、寂しくて、
誰も愛してくれる人がいない犬を選んで、
ボクの場所を
その子にあげてちょうだい。
それがボクの遺言だよ。
ボクが残す愛…
それがボクが与えられる全てだから

この遺書はもちろん、人間が書いたもの。
でも、最期の時まであなたの愛情が伝われば、もしかしたら本当にこんなにも心温まる感情を持ってくれるかもしれません。

信頼と愛情でつながるペット。最期の時までやさしく、見守ってあげたいものですね。

犬