メイクに一筋の涙を書くようになった理由とは?道化師の笑顔の下に隠された秘密。

道化師
道化師

昔、ある国に演技の上手い道化師
がいました。

その道化師が演技を始めると、
どんな仏頂面の人も
笑顔になりました。

道化師の演技を一目見ようと
近隣諸国からも来るほどでした。


ある日、国王が近隣諸国の来賓への
レセプションの為に、その道化師と
小屋の仲間を呼びました。


レセプション当日、道化師の息子は
大病を患い寝込んでいました。

年をとってから出来た子供で夫婦は
とても可愛がっていました。


「今日のレセプション、断ろうか?」


と道化師の夫婦が話していると
息子がベッドの中から、

「パパの道化師、大好きだよ。

だって皆がパパを見て笑顔に

なるんだもん。

僕は大丈夫だから皆を笑顔

にしてきて!」


道化師は後ろ髪を引かれる思いで

レセプション会場に向かいました。

仲間が口々に言います。

「こんな日くらい、休めばいいものを、

そんなに名声が大事なのか!」

道化師は演技を始め、観客をわかせました。

使いの者が道化師に耳打ちします。

「息子さんが先ほど息を引き
取りました。帰ってあげてください」

しかし、道化師は演技を辞めません。

観客をわかせ続けます。

「子供より名声を取りやがった!」

小屋の仲間は言います。


道化師は演技を続け、
観客をわかせ続けました。




客席がざわつき始めました。


「道化師が泣いている・・・」




「皆を笑顔にしてきて!」


道化師は息子との最後の約束を
果たすためにステージに立ち、
演技を続けていたのですが、
観客の子供と息子がダブり
泣いてしまったのです。


顔は笑っているのですが、
涙がとまりません。

彼はこれに恥じて二度と
ステージに立ちませんでした。



その後、その道化師を讃え
メイクに一筋の涙を書くようになりました。


道化師の笑顔の下には
深い悲しみが隠れています。

道化師