5歳の息子が『顔に大きな刀傷があるヤクザ』を号泣させてしまいました…….

yakuza
yakuza

あれは暑い夏の日のお昼過ぎ…

いつものように、2歳の娘を連れて
息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。

「アイスクリーム、食べようか?」

暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、
アイスクリームを食べることにした。

そんな日常の一場面。

もし、あのやくざが駅の階段を降りて来なければ、
ただの忘れ去られた日になっただろう。

その男は、顔に大きな刀傷があり、
見るからにヤクザだとわかるチンピラ風。
昼間から酒の臭いをプンプンさせていた。

したたか酔っていたその男は、私の息子のすぐ横に座った。

男はふっと顔を上げると、すわった眼で私の息子をジーッと見つめた。

私はドキドキしていた。

まさか、こんな幼い子供には手を出したりはしないだろうけど、
でも、こんな泥酔状態じゃ、普通の精神状態じゃないだろうし。

どうしよう!

私は心の中でつぶやいた。

何もなかったように、アイスクリームを食べ続けてはいたが、
もう味などわからなかった。

男は5歳の息子の肩に手を置いた。

やばい…
どうしよう…

下手に席を立ったら、何をするかわからないし。

しかし…男は凶暴ではなさそうだ。

5歳の息子を相手にくだを巻き始めた。

「おめえはいいよなあ、まだ子供だからよ。
 わかんねえだろうけどよ。
 おれの女がいなくなっちまってよお」

そりゃあ、分からないに決まってる!
そんなことで子供を羨ましがるな!

と突っ込みたかったが…。

その様子から察するに、
男はどうも女にふられたらしかった。

よっぽど惚れていたのだろうか。
それからも、グチグチと女のことを話し続けた。

息子は、何を言われているのか、チンプンカンプン。
ただ黙って、横でアイスクリームを食べ続けている。

すると、何を思ったのか、やおら男は
懐から財布を取り出して、千円札を出した。

「おめえは、いい子だなあ。
 ほれ、小遣いやるよ」

そういうと、男は息子に千円札を渡したのだ。

話を聞いてくれたカウンセリング料とでも言うのか?
まあ酔っぱらっている勢いだろうけど…

私はヒヤヒヤだった。

息子に返すように言おうか、迷った。
私が、結構です、などと言ったら逆上するかもしれない。

ぴったりつくように、男は息子の横に座っている。

下手なことは言えない。
どうしよう…

そう思っている時だった。

息子の思いがけない行動に、私も、男も、
そして遠巻きに眺める人たちも驚かされてしまった

息子は、そのお金を男から受け取ると、
そのベンチのすぐ後ろにあった花屋へ走って行った。

至近距離であったし、男は大声で話していたから、
当然、花屋の店員も様子を察知していたのだろう。

「お花ください」

息子がそう言って千円札を出すと、
さっと無言で明るい黄色の花束を渡した。

その花束を受け取ると、息子はまた男の所へ行った。

「はい、おじちゃん、お花」

その男は一瞬、びっくりしたように息子を見つめた。
何が起きたのか分からない様子だった。

男は、しばらく茫然と差し出された花束を見つめていたが、
無言でその花束を受け取ると、

コンクリートの地面に膝を崩して泣き出した。

男は花束を抱いたまま、号泣していた。

そこで、私は子供たち二人を抱えるようにして、
そっとそこから立ち去った。

その男の泣き声を背中で聞きながら…。

**********

その時、私は思った。

大人の私は、その男を酔っ払いのやくざとしか見ていなかった。
でも、幼い子供の目には、その男は、ただの心を痛めている可哀想な人として映っていただけ。

心をすませ
心の目で世界を観ると
表面にある怖れを超え
その奥にある本質がみえてくる。

5歳の子供に教えてもらったことでした。

三つ子の魂百まで・・・

息子は今でも、困っている人がいると、手を差し伸べる人間に育ちました。

それは、私の育て方ではなくて、きっと授かりものなのでしょう。

yakuza