「今日キスをした、もう怖くない・・・愛してます」これが最後の言葉だったんだ。

kiss
kiss

幼馴染の彼女は病気と戦っていました。
彼女の入院費を稼ぐために働く両親の代わりに、彼は必死で彼女を支え、彼女の孤独な病院生活に色を取り戻そうと頑張っていたのです。。。

***********

オレには幼馴染の女の子がいた小学校・中学校まで病気の為殆んど普通の学校に行けずいつも院内学級で1人でいるせいか人付き合いが苦手でオレ以外友達は居なかった。
彼女の体調がよく外泊許可中はいつもオレが普通の学校へ送り迎いをして彼女の体調の変化に対応するようになっていた。

普通は親がやることだが家が隣同士で母親の職場が同じで家族ぐるみの付き合いをしていたので彼女の母親はオレに絶対的な信頼を寄せていたんだと思う。
(彼女の入院費を稼ぐ為に働いて彼女自身をおろそかにしなければならないと言う矛盾した悲しい現実もあった)

オレはそんな信頼に答えるように幼いながらの正義感を持っていて学校で茶化される事があったがそれは自分に与えられた責任が果たせていると言う確認でしかなかった。

彼女は人工透析以外普通の学生生活を送ろうと懸命で体調さえよければ雨の日や雪が降るような寒い時でも中学生とは思えない華奢な肩を震わせて学校に行った。

そんな彼女のがんばりで高校進学の出席日数は普通の学校と院内学級を合わせて何とか間に合って(実際は足りなかったが意欲有りで認められた)オレが合格した高校の2次募集を受験して補欠ながら何とか合格して、いつもふさぎがちな彼女の表情は輝いていていたこれは高校合格だけでは無く、体調が安定してきて外泊許可が長くなったのもあると思う彼女にとって今全てが動き始めた。

彼女の高校合格の日、両家合同でちょっとした合格パーティーが行われて彼女の母親がオレの手を泣きながら握って何度も何度もお礼をしてオレは苦笑いするしかなく彼女も恥ずかしそうに笑っていた。

そこまで感謝されているのは嬉しかったが微妙な違和感があった。

彼女が寝付いた後話を聞いたら彼女の病気は内臓、とりわけ腎臓が殆んど機能しておらず医者からは10歳まで生きられないと言われていたと言うのだ。

腎臓に障害があるのは話や人工透析中の様子を見てきたから既に知っていたが寿命の事は知らなかった。

入学までの約1ヶ月間毎日のように2人で過ごして、ごく普通の生活ごく普通の時間を過ごしていて、いっしょにテレビを見ていても彼女は幸せそうだった。
考えてみればこんな時間の過ごし方は数ヶ月前ではとても考えられない。

彼女にとっては病室で1人で過ごすのが普通なのだから。

それに気が付いた日俺は泣いた、彼女にとっての日常が病院で1人きりで非日常が家。
しかも、家に帰っても家族は誰も居ない入院費を稼ぐ為に。

この頃からオレは責任から義務へ彼女を絶対に守ると決意したと思う。

しかしそんな決意も脆くも崩れ去ったいつも通りいっしょにテレビを見てトランプで遊んで、お昼に病院から宅配されたごはんを食べていたら彼女は嘔吐し気絶してしまった。

救急車が来るまで洋服や口の周りを拭いてソファーに移動させようと抱きかかえたが驚愕した軽い軽すぎる、まるで内蔵の無い人間を抱きかかえているようだった。
結局彼女はそのまま入院し高校は休学した。

彼女の日常に戻っていく。

今までの入院中の面会は4日に1回程度で人工透析のある日は行かなかった。

でも、あのころは毎日のように彼女の病室を訪ねて人工透析後の虚脱感で彼女が寝ていても面会時間いっぱいまで本を読んだり勉強をして過ごしていた。
透析が無い日は学校の話・友達の話・テレビの話どうでもいい話を面会時間ぎりぎりまで話して本が欲しいと言えば直ぐ買ってきて、大きめの鏡が欲しいと言えば1番高い物を持って行き彼女の日常が、無邪気な笑顔が充実するように努めた。

そんなある日、日曜日に面会に行こうとしたら彼女の両親からいっしょに行こうと電話があり彼女の要望のクシを購入して行った。
クシの入った可愛らしい袋はちょっと恥ずかしかったので彼女のお母さんに持ってもらい病院に行った。

彼女の両親は担当医に挨拶をすると言いオレは先に彼女の病室に歩き出した。
しかし、クシの事を思い出し彼女の両親が入っていった。

部屋に行き様子を伺おうと少し開いているドアから覗き込むと上気した感じで担当医と話していてその内容が聞き取れた。

「あと、半年の命です」

中に居た看護婦さんが泣き声に気が付いてオレを中に入れて椅子に座らせてくれた。
担当医から告げられる言葉は全てが虚しく、何を喋っていたのか余り覚えていない覚えているのは

「半年の命、先天性腎機能障害・移植は合う人が居ない人工透析の副作用・入院中の吐血人間として迎えさせる」

担当医の話が終わり彼女の母はショックが大きくとても今日は会えないと言いクシの入った袋を渡して帰っていった。

オレも今自分の顔がどんな表情をしているか分かるから、彼女に絶対悟られたくないから数時間気持ちを落ち着けてから彼女の病室に向かった。


kiss