マクドナルドで4年間働いた私が学んだ事。

SONY DSC
SONY DSC

ハフィントンポスト・ビジネスに素晴らしい記事がありました。

書いたのはKate Norquay(ケイト・ノーティ)フリーライターです。

過去にコンビニやファストフード、飲食店で働いた経験がある方にお勧めしたい内容です(要約してあります)

「こんな仕事」そう思って馬鹿にしてきた


18歳から22歳までの4年間、私はマクドナルドでずっと働いた。もっといい仕事を見つけられなかったのでとりあえずマクドナルドで働くことにしたのだ。昇進もせずマネージャーにもならなかった。

周りのみんなも私に「そんな仕事辞めなよ」「本当にやりたい事をやりなよ」と言った。
自分でも私の能力にこんな仕事は合わない、でも今はお金の為に仕方なくやってると正当化していた。

いつも私はこんな仕事にウンザリして、怠け者で本当に受身であった。

数年が経ち、私の中で少しづつプライドが芽生えていった・・・



ハンバーガー作りやマクドナルドは悪くない


なぜ私の仕事はこんなに哀れられるの?
ファスト・フードだから?ブラック企業だから?何で?

そんな自問自答を繰り返していた時、ある答えに辿り着いた。

「マクドナルドは何もできない人にとって初めての仕事。
例えば移民だったり、英語が流暢に話せない人や、学生の初めての仕事、障害がある人、見た目が魅力的じゃない人」

「スターバックスだったら英語も流暢に話せて外見的にも魅力的な人を雇うだろう」

そうこれらは恵まれた環境が当たり前だと思ってる私たちの「偏見」でしかなかった。

マクドナルドで働く人は事務作業よりも最悪だなんて、間違いよ。


こんな偏見はポテトをすくう単純作業よりも最悪だ。

世の中には様々な仕事がある。
その中で過小評価されている人達が就く仕事だからと言って価値がないなんて思うのは筋違いだ。

真夜中にハンバーガーを買い求める人のためにハードに働けはしない。
マネージャーからエンジニアにも早変わりする同僚ほど賢くもない。
一週間に何千人のお客さんが来るかを予測して、材料を注文する人たちほどの計画性もない。
もし失敗すれば上司からこっぴどく叱られるという事を彼らは知っている。
ケチャップがないというだけで大声を上げたり、ドリンクを投げつけたり、人種差別的な中傷をするお客さんたちもいる。
そんな人たちに対処できるほど忍耐強くもない。

これら全てがマクドナルドに求められる仕事のスキルなのだ。

この仕事を小売店でファイルを整理したり、事務作業が出来るからマクドナルドで働いている人達より優秀だと考えているなら、それは間違いだ。

私にとってマクドナルドで働いた事は履歴署の汚点になるとは思わない。
この仕事のお陰で自分の横暴さに気がつく事ができたのだから。

SONY DSC