ASKA逮捕で気になる“清原は今”…彼を支える「現役女子大生のハーフ美女」の存在

ASKA逮捕で気になる、清原は今…

20160203003020


覚醒剤使用容疑で再逮捕された歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明=58)。
2014年9月に所持と使用の罪で懲役3年(執行猶予4年)の有罪判決を受けてから、わずか2年3カ月で再びクスリに手を出してしまった。

警察庁が発表している2015年の同事案の再犯率は、50歳以上で83.1%。
クスリと決別するのがいかに難しいことなのか、自ら証明することになってしまったわけだが、今回の一件は球界にも懸念を広げているという。

もちろん、元巨人の清原和博(49)のことである。


今年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、6月に懲役2年6ヶ月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した。
裁判で涙ながらに更生を誓った清原だが、40歳代の再犯率もまた72.2%と高い。

この11月には清原に覚醒剤を融通していた元密売人の男が告白本を出版し、その中で「出会ってから17カ月間で300回分以上の覚醒剤を清原さんに売った」と衝撃の事実を暴露。
都内のホテルで覚醒剤を吸い上げた注射器を太い腕に突き刺した、などと生々しく綴っている。
依存度が高ければ高いほど再犯率も上がるといわれるだけに、清原と仲の良かった球界関係者の多くが「同じ過ちを犯さないか」と心配しているのだ。

近況を知る会社経営者がこう言う。

「有罪判決の確定後、メディア対策と持病である糖尿病を含めた治療のため、支援者と一緒に大阪へ生活の拠点を移しました。クスリの後遺症と罪悪感からか、一時はひどいうつ症状が出て、用意されたマンションの部屋で引きこもりのような状態だったそうです。が、次第に心身の落ち着きを取り戻し、実は9月末になって東京に帰ってきています。支援者のサポートで、かつて日参していた六本木や銀座からそう離れていない場所にマンションを借りたことを不安視する声もありますが、本人にはだいぶ明るさが戻ってきています」



裁判後、本人は公の場に姿を現していないが、9月の頭には支援者らと沖縄の宮古島へリフレッシュ旅行に行っている。所属したオリックスのキャンプ地で思い出の地を巡り、英気を養ったそうだ。
それを報じた「フライデー」には満面の笑みを浮かべてポーズをとる写真が載っていた。

球界関係者は現在の清原の姿を語る。

「実際、ここにきて球界の先輩後輩に頻繁に連絡を取るようにもなっています。14年3月の薬物疑惑報道前後から球界の人間と距離を置き、『野球界に友達はいない』とひねくれていた時期もありましたが、西武や巨人時代の後輩OBを誘っては一緒に飯を食いに行くようになったのです。吹っ切れたのか、ひっきりなしにグラスをあおり、ベロンベロンになって、その場にいない球界関係者に電話をかけ、近況を報告したりしているとか。それが朝方の迷惑電話であっても、『昔の豪快な清原に戻ったようだ』とむしろ好意的に受け止められているのは、番長ならではでしょう。『誘惑に負けないように必死や』と冗談めかして語ることもあるそうですが、親しい人間からすれば、それも逆に『笑いのネタにできるほどに立ち直った』ということになるんだそうです。現在は収入がなく、貯金を食い潰したり支援者から援助を受けたりという生活のようですが、『いろいろとビジネスの話はある』と話しているそうです」



清原の逮捕前後に「現役女子大生のハーフ美女」と話題になった彼女とは、

「今も交際中で、彼女の存在が更生を支えていると聞いています」(前出の会社経営者)


とのこと。

今回のASKA容疑者が証明するように、クスリと縁を切るのは容易なことではない。
清原の周囲には今も、昔の遊び仲間たちが支援者と称して存在する。転落の象徴の一つとなった昇り竜の入れ墨もまだ、上半身と右足ふくらはぎに刻まれたままだ。更生への道は決して平坦ではない。