これじゃ嫁にはできない…!男性が「一緒に生活できない」と思う彼女の習慣6つ

これじゃ嫁にできない…!そう思われる女性の特徴は?

gw120323-10-4


大好きな恋人とゆくゆくは結婚したい…そんな風に考えているカップルも多いですよね!

しかし、お付き合いと結婚はまったくの別物です。

結婚した途端に、「こんな人だったっけ?」とは思いたくないですよね。

そうならないためにも、ちょっと直した方がいいところは今から改めておきたいもの。
そこで社会人男性に、「これは一緒に生活できないな」と感じた恋人や女性の習慣について聞いてみました!


■部屋を片付けられないこと


・「部屋を片付けられない、食器とかをちゃんと洗えないとか基本的な部分」(32歳/その他/事務系専門職)

・「脱いだら脱ぎっぱなし。出したら出しっぱなし。点けたら点けっぱなし」(33歳/運輸・倉庫/その他)

母親のように口うるさく言うつもりはないけれど、つい注意したくなるのが恋人のだらしない生活習慣。後をついて回って片づけるのにも限界があります。



■無駄な出費が多すぎるところ


・「とにかく無駄な出費が多く、あまり考えて買い物をしていない印象を持ったとき」(32歳/不動産/営業職)

・「ほしいものがあったらすぐに買ってしまう」(29歳/電機/技術職)

新商品や珍しいものなど、見つけたらすぐに買ってしまう女性は要注意。あまりに無駄遣いが多い女性だと、男性はストレスを感じやすいとか。



■毎日の食事がほとんどでき合い


・「毎日の食事がインスタントだったときです」(25歳/その他/事務系専門職)

・「料理が下手で、ほとんど買ってきた物を出される」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

仕事が忙しいと料理する気になれないですよね。ただ長期的にずっとインスタントばかり、総菜ばかりだと一緒に暮らしてからの健康が心配に。



■束縛が激しくて文句が多いところ


・「束縛が強すぎるし、訳わからん文句が多い」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「束縛が激しく、いちいちあれこれ注文をつける」(30歳/その他/その他)

ささいなヤキモチならかわいくても、かわいくないのが激しい束縛。毎日ささいなことでうるさく言われたら、家に帰りたくなくなりそう?



■自分のやりたいことをやらせてくれない


・「今までにそういった経験はないが、趣味などに理解がない、こちらをある種の型にはめようとする人とは生きられない」(28歳/その他/クリエイティブ職)

・「常に話しかけられていて、自分のやりたいことが全くできないとき」(26歳/その他/販売職・サービス系)

一緒に暮らすとどちらかの生活スタイルが優先され、どちらかの自由が奪われる……なんてことも多そうですよね。自由はお互い平等に分け合いたいもの。



■いつも一人の世界に入りこむこと


・「いつもスマホばかり見ている。食事のときも離さない。自分と一緒にいるときも会話をしながらスマホを見ている。一緒に暮らすとなるといつか爆発してしまいそう」(34歳/食品・飲料/営業職)

・「ひたすらゲームの話ばっかりしていて、一般的な会話がない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

お互いに仕事していると、一緒にいられるのは限られた時間だけ。その中で一人の世界にばかり行かれると、徐々にストレスがたまってしまいそう。



もとは別々に育った他人同士なので、すべてを直すというのは難しくて当然です。

でも、本当に結婚を意識しているならば、ちょっとずつでも改善して、ふたりで幸せになりたいですね。