恥ずかしい…!ベッドで起こった女と男の悲しいムダ毛エピソード

%e7%84%a1%e9%a7%84%e6%af%9b
ベッドインして起こった、男と女の悲しい事件簿

15050310top


夏は徹底していたのに、冬になると寒さゆえか、途端に甘くなるのが「ムダ毛」の処理ですね。

今回はムダ毛の処理が甘かったせいで、エッチの際に男性をガッカリさせてしまったエピソードをご紹介!

どれもこれも恥ずかし過ぎて悶えます!


まずは20~30代の女性が”ワキ脱毛”をしていなかったせいで、男性をガッカリさせてしまったエピソードから。

・「彼から『ワキ毛、残ってない……?』と言われて撃沈。毛が集中しているゾーンは完全に処理していたつもりでしたが、後で確認してみるとその数cm下に、毛が1本チロリと残っていたんです。長く伸びていたので気づかなかったのかと思うと切なかったですね。百年の恋も冷めたと言われました」(30歳/IT)

・「もともとワキの毛が濃い方で、かつ長年自分で剃り続けてきたので、剃り跡が黒っぽいのが気になっていました。『ジョリジョリしてるね』と男性から言われたことがあり、かなりショックだったのを覚えています。言われなくてもわかってるよ! と」(28歳/インストラクター)



続いて、20~30代の女性が”Vライン脱毛”をしていなかったせいで、男性をガッカリさせてしまったエピソードです。

・「Vラインの毛がショーツからはみ出ていたらしく、『なんかこういうの萎える……』と恋人から言われたことがあります。確かに付き合って長い彼に対して、私も油断していたと思います。後で恐る恐るきいてみると、男性ははみ毛を見ると、エッチをする前から萎えてしまうそう。確実にテンションが下がるんだそうです。でも自力ケアだと限界があるなぁと感じ、脱毛を始めることにしました」(32歳/アパレル)

・「恥ずかしながら、下の毛の処理をしたことがなくて。いい雰囲気になった男性とコトに到ったとき、最中は何も言われませんでしたが、終わった後『せめてVラインは処理したほうがいいよ。エチケットだと思う。今の時代、処理してない子のほうが珍しいし』と説教されて本当にびっくりしましたし、本気で恥ずかしかった……」(25歳/銀行)



いかがでしたでしょうか?
たかがムダ毛、されどムダ毛で、毛の一本でこんなに恥ずかしい思いをするんだ…!と撃沈しそうなほど恥ずかしさ満載のエピソードでしたね。

冬だからと油断せず、いつ何どき何があってもいいように、ムダ毛処理は徹底させた方が良さそうです。
%e7%84%a1%e9%a7%84%e6%af%9b