む、無理だ…。「他人が握ったおにぎり」を食べられない3つの理由

26906198_39934
「他人が握ったおにぎり」を食べられない3つの理由

26906198_39934


潔癖性の人の中に、「他人が握ったおにぎり」を食べられないという人がいますね。

これはおにぎりに限らず、他人が作ったもの自体が嫌だという考えもあるかと思います。

あなたは、他人が握ったおにぎりを食べられますか?
イマドキの女性たちの意見を聞いてみました!!


Q.他人の手で握られたおにぎりを食べることができますか?


「はい」……62.5%「いいえ」……37.5%

「はい」と答えた女性の方が多いものの、「いいえ」と答えた女性も4割近くいることが分かりました。
それぞれの理由も詳しくチェックしていきましょう!

<「食べることができる」女性の意見>

■信頼


・「ちゃんと手を洗って作ってくれているはずだと思ってる」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「きれいに洗って握ったと思うから」(23歳/その他/事務系専門職)

他人が作ったごはんを食べる際には、相手との信頼関係が必須です。外食であっても、それは同じこと。やはり「この人なら!」「このお店なら!」と思えるものを選ぶ女性が多いようです。


■状況に応じて


・「プロの清潔な手で握られたものはいい。寿司と一緒。ただ清潔な店でなければむり」(31歳/その他/その他)

・「仲いい人までなら大丈夫。知らない人なら不潔そうでダメ」(26歳/情報・IT/その他)

・「家族が握ったものであれば食べられる」(32歳/通信/事務系専門職)

基本はOKですが……状況に応じて、という意見もありました。「誰のおにぎりでもいい!」というわけではないのですね。手作りのおにぎりを食べられるのは、二人の絆が深まった証拠だと言えそうです。


■ちょっと微妙な本音もチラリ!?


・「本当は食べたくないけど、握ってくれた人の気持ちがあるから」(24歳/その他/販売職・サービス系)

「はい」と答えてみたけれど……本当のところでは、微妙過ぎるホンネが伝わる意見もありました。自分が握ったおにぎりを拒否されたら、やはりショック! 作る際には、相手の気持ちも確認しておきたいところです。


それでは次に、反対意見です。


<「食べることができない」女性の意見>

■ラップ必須!


・「ラップという便利なものをなぜ使わないのか理解できないから」(31歳/その他/その他)

・「あまりきれいだと思えない。ラップを使ってほしい」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

ラップを使っておにぎりを握れば、衛生面での問題はクリアできます。こんなに単純なことなのに、なぜ使わないの!? と思う女性も多いようです。食中毒防止の面からも、マナーと言えるかもしれません。


■信頼できません


・「なんとなく、信頼できないし、安心感がないので」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「その人がきちんと手を洗った確証がない。おなかを壊したくないから」(33歳/生保・損保/営業職)

こんなご時世ですから、他人のことをむやみやたらと信じるのではなく、自分の身は自分で守る意識も大切なのかもしれません。「おにぎりが食べられない」というのは、なんだか寂しい気もしてしまいますが、信頼を形で示す工夫も必要だと言えそうです。


■理屈抜きで


・「家族ならいいけど本当に抵抗がある。義母も正直嫌」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「エキスが入りそうで無理」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせて口に含んでも、どうしても吐きそうになる」(23歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

他人が作ったおにぎりを「食べられない」と思う気持ちは、理屈ではないのでしょうね。本当に無理……! という女性たちの気持ちが、痛いほどに伝わってきます。相手に対してどう伝えるべきなのか、悩んでしまいます。



食べられる側も食べられない側も、理由がありますね。
みなさんは、他人が握ったおにぎりを食べることができますか?
26906198_39934