ドン引きで言葉も出ないよ…「Facebookがきっかけで縁を切った」女友達3選

fb
「Facebookがきっかけで縁を切った」女友達

shutterstock_208869163-20160206200332


Facebookは、懐かしい友人知人と再び連絡を取り合えたりする人気のSNSのひとつだ。

だが、そのFacebookで行き過ぎた行動からせっかくの友達を失うようなことをする人も…。

今回は、「Facebookがきっかけで縁を切った」女友達3選をご紹介!

ドン引きで言葉も出なくなるようなエピソードが満載!


(1)友達欄にいる男性たちに、勝手に友達申請する


「FBで友達申請してきた高校時代の友達。懐かしいな、ひさびさに連絡取れて嬉しいな...と思っていたんですが。

友達を許可した後、挨拶も『久しぶり!』の一文もなしに、いきなりきたのが『誰かいい男性いない? いたら紹介して』というメッセンジャー。

さすがにドン引きして『いないなぁ...』と濁したら、私の友達欄にいる同年代の男性たちに『Sの友達です! Sに紹介されました。よろしくね!』と、

勝手に友達リクエストを送りまくっていました...。彼らと私の人間関係にもヒビが入るし、なにこいつ...最悪...と、本当にムカつきました」(Sさん・27歳)


(2)友達をチェックして、セミナーに誘えと言ってくる


「美容関係で起業している女友達がいて。『愛されメイク術!』みたいなセミナーを開いていて、FBでよく招待状が届くんですが...。

起業したての頃に、応援する意味で一回参加したら、次も次も...としつこく。無視していると『招待状届いた? 来れそう?』と、何度も連絡。

値段も数万円と高額だし、友達からお金を取ろうとする精神も苦手...。さらに、やんわりと『行けない』と断ったら、私のFBの友達欄を勝手にチェックし、

『この○○さんって人、メイクとか好きそうなんだけれど、セミナーに誘ってみてくれないかな?』と言ってきたことも。関わりたくない人No.1です」(Sさん・30歳)


(3)友達は自分のイイ人アピールのために使う


「仲良しだと思っていた女友達。ある時、恋愛を相談して、彼女が励ましてくれたことがあったんです。ちょうど辛い時期で、聞きながら泣いてしまって。

いい友達を持ってよかった...と思いながら、ふと彼女のFB投稿を見たら。『今日はAの恋愛相談を受けた...。Aの彼氏が二股してたんだって。

あんなにイイ子を傷つけるなんて。私はずっと味方だからと慰めたら、A泣いちゃって...私まで号泣だよ...』と、相談内容を暴露して、友達思いな自分アピール。

裏切られた感でいっぱいになりました。それ以来、連絡がきても適当に流しています」(Aさん・26歳)



誰が見ているか分からないインターネット上。
ひとりひとりがマナーを守らないと大変なことになる、という見事な事例ばかりだった。
fb