埼玉・乳児揺さぶり死で有罪の母、「今までもこれからもずっと大好き」と涙…裁判長も「決して恨んでいないと思う」

すべてをひとりで抱え込んだ母親、我が子は「今までもこれからもずっと大好き」

※画像はイメージです。

埼玉県新座市で昨年8月、生後約2カ月の次男に揺さぶる暴行を加えて死亡させたとして、当時19歳だった女(20)の裁判員裁判の判決公判が1日、さいたま地裁で開かれた。

高山光明裁判長は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役4年)を言い渡し、次のような言葉をかけた。