群馬・公園トイレで死産し、「供養してほしい」とメモして老人保健施設に新生児を遺棄した42歳女

公園トイレで死産し、「供養してほしい」と…

群馬県で今月1日、公園のトイレで死産したあと、「供養してほしい」とのメモを添えて新生児の遺体を老人保健施設に遺棄した42歳の女が逮捕された。

この施設は事件とは全く無関係だが、全ての捜査が終了するとみられる2カ月後まで献花を続けるという。