怖くて切ない話:冴えない私と札付きのワルだった昔馴染みの彼が、夢で交わした最期の言葉が…

冴えない私と、札付きのワルだった昔馴染みの彼が…

同じ町内に、子供の頃から悪くて悪くて評判だった男の子がいて、冴えない私とは幼馴染みだった。

接点もなくなって私が大学に進学したころ、その彼が夢に出てきて…。