あの羽生君が「映画デビュー」しかもマゲ姿でお殿様役!阿部サダヲに竹内結子まで!

tonoro-j2
tonoro-j2

5月に上映される阿部サダヲ主演映画『殿、利息でござる!』に何とあの、フィギュアスケーターの羽生結弦が出演しているとの情報が!

tonoro-j

本作は、2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を『予告犯』『残穢』等、今最も注目を集める中村義洋監督が映画化するもの。

tonoro-j4

造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎(こくだや・じゅうざぶろう)を演じるのは、阿部サダヲ。町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)に瑛太。そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)には妻夫木聡。才能あふれる多種多彩な豪華キャストの競演も見どころです。

羽生結弦のコメント
tonoro-j2

江戸時代の仙台藩を舞台にした映画「殿、利息でござる!」で、伊達の殿様役を頂き、初めて役者として、演技をさせていただきました。お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。
このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください。

そんな羽生君のマゲ姿がこちら!

tonoro-j3

何とも凛々しいお姿の羽生君!スクリーンの中で演技している羽生君を観るのが楽しみですね!!!

出典:http://tono-gozaru.jp/
tonoro-j2