【日本茶】米サンフランシスコ・シリコンバレーで超人気の飲み物は「お〜い、お茶」であった。

oiocha-j2
oiocha-j2

なくてはならない国民飲料、それは伊藤園の「お〜い、お茶」である。

お茶飲料が数多く並ぶ中、圧倒的な伝統と人気を誇るの製品だがこれが海外でとても愛されているのである。

サンフランシスコのGoogle、Facebook、Twitterが集まるシリコンバレーで!


oiocha-j

その発端はEvernote(エバーノート)社内で爆発的に消費されているという。

CEOのフィル・リービン氏は大の日本好きでもちろん、お〜いお茶もたくさん置いてある。
彼は1日に4〜5本消費するそうで、社内全体だと1日で200本(!!!)消費するらしい。

それが火付け役となり今ではGoogleやFacebookのオフィスにも常設されるようになった。

実は「無糖」が珍しい




お〜いお茶がウケたのはその安定したおいしさも勿論、無糖というのが大きかった。
アメリカで売られている「緑茶」は砂糖入りで甘いものが多く、甘い紅茶みたいな感じである。





なぜ甘い緑茶しかなかったアメリカで!?




伊藤園は名立たるIT企業が集結するシリコンバレーに猛烈な営業をかけていた。
甘い緑茶しかなかったアメリカでは最初拒否されていたが、実際飲んでみるとおいしさに気づき始めたという。

浸透してますな




伊藤園が海外進出して、需要があると海外で活躍する日本人も買いやすくて嬉しいですね〜!
oiocha-j2