考えたことも無かった!2月11日の祝日は『建国記念日』ではありません。

建国記念の日
建国記念の日

建国をしのび、国を愛する心を養う国民の祝日。
1966(昭和41)年から2月11日は国民の祝日になっております。

では、何の日??と聞かれると多くの方が『建国記念日』と答えるのではないでしょうか...

しかし、実はそれは間違いらしいのです...



正しくは『建国記念の日』

建国記念の日

実は2月11日は、日本が建国された日ではないんです!!

日本が国として成立した日は諸説あり、厳密には定かではありません。
そんな中、昭和26年頃に「建国記念日」を制定しようと動きが始まると、やはり問題が立ちはだかりました。

それは「正確な起源もわからないのに、建国記念日を定めていいのか?」ということ。

そこで提案されたのが、名称を「建国記念日」ではなく「建国記念の日」とすることだったようです。

「の」を入れることによって、建国された日を祝うのではなく、建国をお祝いする日という意味合いに変更。

この提案も手伝い、昭和41年、議論が交わされてから10年以上経った後に「建国記念の日」はやっと制定されました。
つまり、「建国された日」ではなく、「建国をお祝いする日」というのが「建国記念の日」という事なんです。

そもそも、この日はかつて「紀元節」という祝日でしたが、戦後になってこの祝日は廃止。
1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て、1966(昭和41)年に日附は政令で定めるものとして国民の祝日に追加された。

多くの日本人は『明治天皇』や『昭和天皇』の即位日と勘違いしていますが....

2月11日は、日本神話の登場人物であり古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日。
日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり、その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付。

あまり深く考えたことはありませんでしたが、日本人としては知っておきたいマメ知識ですね。
建国記念の日