【不倫疑惑】渦中の宮崎謙介衆院議員が議員辞職を表明!会見内容全文

記者会見
記者会見

男性国会議員として初めて「育児休暇」の取得を宣言した宮崎謙介衆院議員(35)に不倫疑惑が浮上。
宮崎議員は2月12日、議員会館で記者会見を開き、事実関係を認めたうえで議員辞職を表明。

「心からお詫び申し上げます」「生涯償っていきたい」と語った。

宮崎議員の発言内容全文は以下の通りです。

この度、マスコミで報じられている件につきまして、私の不適切な行為により、多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを心からおわび申し上げます。
そして、私を信じて応援してくださった皆様、すべての皆様に心からお詫びを申し上げたい。

まことに申し訳ありませんでした。

京都の有権者のみなさま、先輩、同僚議員のみなさま、
私の所属をしている自民党及び支援をいただいた公明党、その他各種団体、

支えてくださった皆様に心からお詫び申し上げます。

そして何より、妻と、その家族の皆様。

妻を支援下さっているすべての皆様。

本当に心からお詫びを申し上げます。

最後に男性の育児休業について賛否に関わらず真剣に考えてくださった方々に
深く、深く、お詫びを申し上げます。

今回の経緯につきまして、私からご説明いたします。

1月4日の本国会開会日に着物の着付けを第一議員会館におきまして、来ていただきました方の一人が
今回の報道されている方でございます。

その時が、初めてその方とお会いをしたタイミングでございます。

この後、SNSでメッセージ、、、丁寧なメッセージをいただきました。

そこから、連絡のやり取りがはじまりました。

電話やメール等のやり取りを中心にコミュニケーションをとり、
お会いしたのは3回だと記憶しております。

京都でお会いしたのが最後です。

今現在は連絡を取っておりません。

妻には、一部始終を説明しました。

その上で、謝罪をしました。

産後直後にも関わらず妻に対しては大変酷な事をしたと
大変、深く、深く反省いたしております。

実は大変な出産でございました。

産後が思うように回復がしておりません。

これから妻と、子供に対しあらためて、しっかりと謝罪をし、
一生涯償ってまいりたいと思っております。


記者会見