【台湾南部大地震】瓦礫から見つかったのはしっかりと抱き合ったカップルの遺体だった「ずっとこうしていたい」

hwn-j2
hwn-j2

2月6日未明、台湾南部の高雄市を震源とするマグニチュード6.4の大地震が発生、いまだ100人以上が瓦礫の下に取り残されているとも言われております。

崩壊したマンションの下敷きになった学生達
zizizi-j

男子学生のツァイさん(21)とその彼女であるホワンさん(21)は瓦礫の下から一緒に遺体となって見つかった。
その遺体は「ツァイさんがホワンさんをしっかりと守るように覆いかぶさり、互いにきつく抱きしめあって死んでいた」と報道された。

ツァイさんとホワンさんが住んでいたマンションは16階建てだが全て崩壊し、住民の多くはたくさんの遺体となって発見されている最中だ。

ツァイさんのFacebookはホワンさんとの思い出でいっぱいだった

たくさんの二人の仲睦まじい写真が並ぶ中、最も印象的だったのが河原を手を繋いで歩く姿だ。

その写真にはこう添えられていた。

hwn-j

手若牽著 也希望一輩子的
「手をつないだら、一生そうしていたい」

ツァイさんは彼女の手を離さなかった。
救助隊が引き離すのに苦労したと話していた通り、彼は最後まで彼女を守ろうと努力したのだ。

生きていたらもっと思い出も作れただろう、結婚だってしていたかもしれない。
そう思うと尚いたたまれない気持ちになる。

pft-j

ツァイさん、ホワンさん、どうか安らかにお眠りください。

hwn-j2