小澤征爾さん80歳にして「グラミー賞」初ノミネート・初受賞という、W快挙達成!

小澤征爾
小澤征爾

2月16日(現地時間15日)にアメリカ・ロサンゼルスので行われた米音楽界最高峰の祭典『第58回グラミー賞』。

この度、日本人指揮者の小澤征爾氏さんがクラシック部門 最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞したとの朗報が飛び込んできました。
これまで数々の賞を受賞し、「世界の小澤」の愛称で親しまれている日本人人気指揮者の小澤さん。
文化勲章などの名高い賞を手にしておりましたが、今まで手にすることのなかったグラミー賞…80歳にして初めて受賞されたのです。

受賞作品は小澤征爾さんが指揮した2013年のサイトウ・キネン・オーケストラ演奏の「Ravel: L’Enfant Et Les Sortilèges; Shéhérazade(ラヴェル:「こどもと魔法」)」という作品。

過去多数のグラミー賞ノミネートを重ねてきた小澤征爾は、8度目のノミネートにして今回初めてグラミー賞を受賞。
過去のノミネート作品がすべて海外録音作品だったのに対し、今回受賞した作品は初の日本録音作品、サイトウ・キネン・オーケストラとしても初ノミネート・初受賞という、W快挙の受賞となりました。

小澤さんは、旧満州・奉天(現中国東北部・瀋陽)生まれ。
1959年に仏ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し、73~2002年、米ボストン交響楽団の音楽監督を務めた。
現在は、「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の総監督として活躍されています。

小澤さんは自身初のグラミー賞受賞について、「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の公式ホームページにて関わってくれた方々に感謝のコメントをしていました。
そのコメントがこちら。


小澤征爾