ニューヨークの子供達が驚いた「日本の学校の給食」食べこぼし・食べ残し・冷凍食品が普通のアメリカ。

スクリーンショット 2016-02-26 11.06.07
スクリーンショット 2016-02-26 11.06.07

日本人が世界に誇れる事、それは間違いなく「日本の食事」だと思います。
説明がなくともそれを見ればどれだけ素晴らしい食事の文化があるか、理解してもらえると思います。

アメリカ、ニューヨークを拠点に活動しているドキュメンタリー映像家の佐竹敦子さんがこれを撮影しました。
佐竹さんの住んでいるニューヨークのとある学校では「食べこぼし、食べ残し、そしてそのまま」が当たり前の現実。
それを問題視した佐竹さんはNYの給食管理部長と幹部にこの映像を見てもらったのです。

日本の給食 ただ食べるだけではないんです!




私たちにとっては「普通」であるこの光景ですが、アメリカで生まれ育った彼らは衝撃を受けるのです。

「突然僕の子供を日本の学校に通わせたくなったよ!」



「僕も同じ事を思ったよ、このマナーは心にグッとくるね」

kyushoku-j

「一方アメリカでは、30分間のランチタイムにビッショビショのピザを食べてる」

スクリーンショット 2016-02-26 11.00.56

「この日本の子供は尊敬に値するわ、私が今住んでる所からじゃ考えられない」

スクリーンショット 2016-02-26 11.01.41

「これを見て、なんでアメリカでは子供が高い数値の糖尿病になるかわかった」

スクリーンショット 2016-02-26 11.02.19

「私の学校では冷凍のチーズバーガーとマカロニチーズを買って電子レンジでチンよ!」

スクリーンショット 2016-02-26 11.04.28

「アメリカでも70年代では庭に作物を植えて、自分たちで収穫して同じ事をやっていたわ。それを調理すれば科学の勉強にもなるし、生物の勉強にもなる。どうしてなくなってしまったのかしら?」

スクリーンショット 2016-02-26 11.06.00

「インドでは給食はなくて各家庭からお弁当を持っていくシステムだったわ。宗教によってたべれないものがあるからね」

スクリーンショット 2016-02-26 11.04.05

「冷凍のじゃがいもを使うんじゃなくって、生徒たちが育てたじゃがいもを使って食べるなんてクールよ!本当に!」

出典:YouTube上でのコメントから抜粋


特にぞうきんがけのシーンはアメリカ人や、他国の人から見たら驚き。

さらに自分たちで使った牛乳パックを洗って乾かしている姿は思わず感動のため息が。

スクリーンショット 2016-02-26 11.06.46

佐竹さんのこの活動が実を結び、NYの子供達も「日本式」の給食スタイルになればもっと素晴らしいと思いませんか?

それと同時に勉強以外にも素晴らしい教育(食育)を日本人は受けていたのだと改めて感動しました。

スクリーンショット 2016-02-26 11.07.32
スクリーンショット 2016-02-26 11.06.07