社会問題に発展した「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名女性ブログ主がTwitterを開始!過激発言連発。

死ね

『保育園落ちた日本死ね!!!』

とう過激なタイトルで2月15日にはてなダイアリーのブログに投稿された内容が日に日に注目を浴び大きな話題となっております。




何なんだよ日本。

一億総活躍社会じゃねーのかよ。

昨日見事に保育園落ちたわ。

どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?

何が少子化だよクソ。

子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。

不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。

オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。

エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。

有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。

どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。

ふざけんな日本。

保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。




個人が匿名で投稿した内容でしたが、内容が内容なだけに共感者続出で大きな話題になりました。
ネット上で激しく討論され注目を浴びたブログ。

テレビ番組でも取り上げられるまでになり、社会問題に発展。
ついには国会にまで問題が持ち込まれ「匿名で確認できない」と安倍総理が反論するにまで至りました。

そして、ブログに投稿した管理者がついにtwitterアカウントを作成したことにより、待機児童問題が再過熱!!
今までブログ発言という一方通行な発信でしたが、今度はダイレクトメッセージや返信などコンタクトが可能な状況になったのです。

投稿主はTwitter投稿でもブログ同様過激な口調で激しく罵る。
そんな行為は決して褒められることではないものの、国会までもが動きだすというインパクトを与えた事は確かなようです。




その後、産経新聞が直接取材に成功しており、投稿女性はこのように語っている。

 「働かなきゃいけないのに保育園に落ちた。こうした自分の怒りや感情を率直に書いた」。女性は文章を公開した経緯をこう振り返る。


ネットで文章を公開した女性は、現在も保育所に入園できることを示す「内定」は1つももらえていない状況。「どこの園に連絡しても、『来年ですか?』と聞かれる。もう今春の空きはないんでしょうね…」。このままでは、仕事を辞めざるを得なくなってしまうそうだ。

 女性は、「『不承諾』という言葉は本当に気が滅入る。子育てが終わると関心がなくなるかもしれないけれども、解決していかなければいけない問題だと思う」と話している。




本人は待機児童問題が次々とメディアに取り上げられることに喜びを感じているようで、次々とTwitter投稿を行っています。































一気に時の人となった投稿者に対するネット上の反応はコチラ。