テニスの妖精マリア・シャラポワがドーピング違反なるも引退は否定!なぜドーピングを?

shal-j
shal-j

【ロサンゼルス時事】女子テニスの元世界ランキング1位で四大大会通算5勝のマリア・シャラポワ(28)=ロシア=が7日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで記者会見を開き、1月の全豪オープンの際に受けたドーピング検査で陽性反応を示したことを明らかにした。数日前に国際テニス連盟(ITF)から連絡があり、発覚。健康上の理由で10年にわたり服用している薬が1月に新たに禁止薬物となったことを認識せずに、摂取を続けていたという。




まさかのシャラポワがドーピング違反!

健康上の理由というのはどんなものだったのか?

心臓疾患の治療薬、メルドニウム


問題となった薬物は心臓疾患の治療に使われるメルドニウムで、持続力向上などの効果があるため1月から世界反ドーピング機関(WADA)の禁止薬物リストに加えられた。


何とも落とし穴に落ちてしまったシャラポワ・・・残念すぎる。

一年間も試合に出れない




担当医師にも責任はあるのでは?との声も






疑問が残る今回の「ドーピング騒ぎ」










本当に残念な出来事だったが、引退はせずまた素敵な姿を見せてくれることを願う。
shal-j