人権問題?のび太がテストの点数で0点しか取れない理由が発覚しました。

0点


アニメ『ドラえもん』ののび太君と言えば、いつもテストで0点を取ってしまう残念な学力が有名です。

低い点数を毎回取ってしまうならまだしも、0点というピンポイントな点数です。
適当に描いたとしても確率的に毎回0点を取るのは難しいのでは??

一節によると、自分の名前が書けないから0点になってしまう?
という噂もありましたが...どうやらそうではなさそうなんです。

理由を調べてみたところ、色々な闇が見えてきました。。。



採点ミス





1問目を良くご覧ください。
2+(2×5)=12

これ正解ですよね...?

のび太だから0点だろ!と決めつけ全部バツにしているのでは??
これは「人権問題だろ!」と話題となりました。

テスト内容が難題すぎる





小学生のレベルを逸脱してる!!
しかも若干の下ネタwww




次の問いに答えよ
テレビの上にみかんが1つありました。さてテレビの上にりんごはいいくつあるでしょうか。


難解です。。。
この問題はいくら何でも無理がありますよね。
出木杉君なら答えを導き出してしまうのでしょうか?

君がここにいます。さて誰が何人ここにいるでしょうか?


もはや哲学です。

ちなみにのび太くんは生涯1度だけ100点を取ったことがあるのですが...
その問題も非常に難解なテストでした。

1982年『ドラえもん』 25巻
「な、なんと! !のび太が百点とった!!」より

のび太100点

分数の除法で、しっかりと逆数を使っています。

のび太100点1

途中の計算を省かず完璧な解答

のび太100点2

テスト内容を再現するとこんな問題。

再現

小学校4年生でこの問題が解けたら素晴らしいと思います。

結果


先生からは0点と決めつけた採点をされ、レベルが高すぎる難問ばかりのテスト!!
これでは毎回0点も仕方ない。

逆に、100点を取りまくる出木杉くんは本当の天才であることが同時証明されたのでした。

最後にのび太くんの名言をご覧ください。

名言