【殺人事件】メッシとロナウド、どっちが上手か議論の末に男性が死亡する事件が発生!

meskuro-j
meskuro-j

インドの都市ムンバイ郊外で6日、ナイジェリア出身のナワブ・チュクマさんが、サッカーの話題で口論になった同国出身のオビナ・マイケル・ドゥルムチュクさんの喉を切り裂いて殺害した。インド紙『ヒンドゥスタン・タイムズ』が6日付で伝えている。


サッカーはもはや世界中で熱くなれるスポーツだが、熱くなりすぎた様だ。

近年、世界最高の選手の座を争い続けているバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。両者のどちらが優れた選手かを巡る口論がエスカレートしたことで、殺人事件が発生することになった。


そしてどちらが優れているか、もうメッシやクロリナクラスになるど同じ天秤で測れる様で計れない。
どちらにも特技やスタイルがあって、サッカーに対する考え方も違うだろう。



6日に誕生日を迎えたチュクマさんを自宅でビールを飲みながら祝っていたドゥルムチュクさんだが、メッシとロナウドの話題で口論になると、自説を曲げないチュクマさんに激怒してグラスを投げつけた。壁に当たって割れたガラスの破片をつかんだチュクマさんが、興奮してドゥルムチュクさんの喉を切り付けて殺害に至った模様だ。


誕生祝いで殺人だって穏やかじゃないな。せめてこの日だけでも我慢出来なかったのだろうか。

騒ぎを聞きつけた隣人が警察に通報し、チュクマさんは駆けつけた警察に殺人容疑で逮捕されている。ナワブさんとオビナさんは両者とも滞在ビザの期限が切れており、警察はビザの件についても調査中であるという。


おい!!!!!!!!!!!!ビザ無いのかよ!!!!

meskuro-j