「正直、内輪での話だからみんな関係ないじゃん」ゲス極川谷が週刊文春のインタビューに応じ本音を激白!妻との離婚にも言及。

川谷
川谷

べッキーは芸能活動を休業し、ゲスの極み乙女の川谷は沈黙を続けていたため騒動もやっと収束か…
と思っていた矢先、川谷さんが渋谷で行われたファン限定のライブイベントで突然沈黙を破り話題となりました。

そして、今回の放言連発した川谷に対して、騒動のキッカケとなった週刊文春が独占インタビューに成功し、本日発売の週刊文春に掲載されたのです。

まずは、1千2百人のファンの前で語った川谷さんの発言からご紹介させていただきます。

こんなこと言うと多分叩かれると思うけど、ネットとかでみんな『謝れ』っていうけど世間の誰に謝ればいいの?
正直、内輪での話だからみんな関係ないじゃん。

メンバーやスタッフさんには謝りましたけど、それ謝ったよって報告してもまた何か言われるんじゃないスか。
あとこれだけ言いたいんだけど、写真使うならもっといいやつ使ってほしいですよね。
ミヤネ屋とかさぁ、金髪のやつ。あれ2年前のだし。
なんなら俺、最近の写真提出するけど。使ってもらえないだろうけどね。

昨日インスタを久々に見たら、コメントすごいことになってて。
俺のコメント欄だけで井戸端会議してる。

しかもコメントしてくれてる人、いつも同じ人なんですよ。
ヒマなのかなって。
人の悪口言う前に自分の生活のこと考えた方がいいと思います(笑)

いろいろ言いましたけど、本当にファンの皆さんにはご迷惑おかけしました。

オレ、黙ってきたけど、Twitterとかで文面出してたところでまた何か言われるし、伝わらないじゃないですか。
こうやってツアーとかでファンの皆さんに直接伝えれれればなって思うんで…ゲスのメンバーはメッチャ仲いいしこれからもゲスの極み乙女に変わりはないんで。

ほらオレ、失言とかメッチャしちゃうからさ(笑)

たぶん今日のこともメッチャ書かれると思うんだけどなんかもう何言われてもいいかなって。

完全に開き直りともとれる発言の連発。
即座にこの発言はネット上で炎上し、ゲスの太古版を追加したのでした。

そして、この発言の真相に迫るため、週刊文春の記者が川谷さんに電話取材を依頼。
驚くことに、意外にもあっさり取材に応じたというのです。

インタビューのやり取りはコチラ。


川谷