ベッキーさらに泥沼化!川谷元妻がフライング金スマにブチキレ抗議文を送っていたことが判明。またまた文春砲がさく裂!!

bekki-

やっと金スマで久しぶりに番組復帰をはたしたベッキー。
金スマの平均視聴率は24%、瞬間最高視聴率は26.6%をマークし、注目度の高さを証明。
国民も真剣な謝罪に心を開き始めたところでした...

芸能リポーターの井上公造氏も「ミヤネ屋」に出演した際に、今週木曜日発売の「週刊文春」で新たなネタが出る可能性があることを指摘。
「騒動は終わりじゃない。今後のタレント人生を左右する出来事が今週、起きると思う」と意味深な発言をしていました。

そして、明日発売の週刊文春が予告としてWEB版メディアで更なる新事実を公開したのです。



5月13日、バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でテレビ復帰を果たしたタレントのベッキー(32)。しかしトントン拍子に進んだかに見えた復帰劇の裏で、川谷絵音(27)の妻・A子さんが弁護士と相談の上で、ベッキー側に抗議の書面を送ったことが週刊文春の取材でわかった。

〈何よりもまず、川谷さんの奥様へ謝罪したいというのが今の一番の気持ちです〉

 4月22日に週刊文春へ手渡された手紙の中では、ベッキーはA子さんへの謝罪を最優先したいと綴っていた。謝罪の実現はしばらく難航すると見られていたが、この手紙が突破口となり、5月2日にベッキーはA子さんに直接、謝罪をしている。だが一方で、その時点ですでに金スマの収録は済んでいた。その事実をベッキー側はA子さんに知らせず、A子さんは13日の放送を報道で知ることになる。ベッキー側からオンエアの連絡があったのは放送当日の夕方だった。

 今回の一件についてサンミュージックは、「ベッキー本人も、奥様が放送の事実を、報道で先に知った事に、大変申し訳なく思っております。放送終了後も、本人は奥様の心情を気にしております」と回答した。



順番を間違えたことで、川谷元奥様の逆鱗にふれたのでした。。。

もともと、今回の復帰に金スマを選んだことで他局の逆鱗にふれたとの情報も多数聞こえてきています。

「ベッキーが休業を明らかにした後、彼女がレギュラー出演していた各局は“降板”を否定し、復帰のタイミングを待っていました。通常なら、ベッキーが再度会見をし、その後で一斉に番組復帰でしょう。ところが今回は、TBSが抜け駆けしてしまった。しかも、すでに収録も済ませ、放送番組と放送日をFAXで他局に送り付けた。根回しも申し合わせもなく、です。ベッキーのレギュラー番組が3本ある日本テレビはカンカンですよ。もしかしたら、今回のことで日テレへの復帰は遠のいたかもしれません」




明日発売の週刊文春本誌にはさらなる詳細情報や爆弾が用意されている可能性も大。

ベッキー完全復帰に、また暗雲が立ち込めてきたようです。