「うちの子に体罰をしたんですって?」モンスターペアレントの登場で浮き彫りになった少女の疑問。

ranndoseru

その学校では、いつも放課後に「帰りの会」という、
その日にあった出来事を発表したりする場を設けています。

そこで今日あった楽しいことや、悲しいことなど、
意見を言いたい子どもが皆に報告し、その場で話し合います。

いつもと変わりのない帰りの会でした。

そこで、一人の女の子が手を挙げて、
皆の前で発表したいと言い出しました。

「今日もありがとうございました。
 私は、今日少し嫌なことがありました。
 ○○くんとウサギ小屋の当番で、
 お昼休みに小屋の掃除をしていたら、
 ○○くんが掃除をせずに、違う友達と
 サッカーをして遊んでいました。
『ちゃんとやってよ』
 そう○○くんに注意すると、ボールを顔に投げられて
 鼻血が出ました。

 嫌だし、辛いし悲しいけど、私にボールを投げたことは
 もう怒っていません。
 一緒にウサギ小屋の当番をやるはずなのに、
 ○○くんがやらなければ、ウサギさんが可哀想です。

 二人でやれば、もっとウサギさんのお部屋をキレイにしてあげられたのに、
 私一人でやっていたのでは限界があります。
 
 ○○くんだけではなく、みんなもウサギさんのことを考えて、
 ちゃんと当番の人は責任を持ってやって下さい。
 よろしくお願いします」

この報告で名指しされた○○くんは、彼女の報告に対して、
不満そうな顔をしていました。

これには先生も怒りました。

「今の報告は本当か?」

「何でウサギ小屋の当番をサボったんだ。
 皆で決めた役割を放棄した上に、
 ボールを投げつけるとはどういうことだ?」

先生が怒ったのがよっぽど怖かったのか、
この男子生徒は、
「ごめんなさい」と謝ったそうです。

しかし、翌日この出来事が大きな問題へと発展してしまいます。

朝の職員室。

女性が怒鳴る声が響き渡ります。



「うちの子に体罰をしたんですって?!
 体罰ではない、とおっしゃるんですか?
 大きな声で怒鳴ったら、子供が怖がることくらい分からないの?
 こういうのを体罰と言うんです。
 うちの子に謝罪してください」

それは昨日ウサギ小屋の当番をサボって、
先生に怒られた男子生徒の母親。

学年主任、教頭先生、校長先生を交えての大騒動になりました。

さらに事実確認を行うために、
昨日「帰りの会」でこの事実を報告した女子生徒も
その場へと呼びだされたそうです。

「うちの息子がウサギ小屋の当番をサボったくらいで、
 なんで怒鳴られるの?
 体罰に値する事件ですよ。
 この学校は体罰が常習化しているんじゃないですか?
 うちの子への謝罪を求めます」

こう強く求める母親に、先生はどうすればいいのか分からず、
返答に困っていました。

すると、事実確認で呼ばれていた女子生徒が、
この母親に向かって、ある質問を投げかけました。。。



女子生徒の質問です。


「○○くんのお母さんも、私と同じ女の子でしょ?
 男の子に叩かれたり、物を投げつけられたりしたら嫌じゃないの?
 悲しい気持にならないの?
 じゃあ、悪いことをした○○くんを怒った先生が悪くて、
 謝らなきゃいけなくて、
 ボールを投げつけてきて謝らなかった○○くんは、
 謝らなくていいの?
 それを注意したり、ダメだって教えてくれた先生に怒る
 ○○くんのお母さんは、変だと思います」



その言葉は、その場にいたおとなが、口をはさむ余地のないほど、
当を得た言葉になりました。

その後、このモンスター的母親が、理不尽な謝罪要求をすることもなく、
すごすごと職員室を後にする姿が見届けられました。

先生たちが常に毅然とした態度で、
モンスター的親御さんに相対するのは難しい環境かもしれません。

色んな業務が山積している中、親御さんの教育まで出来っこない、
何とか穏便に事を済ませたいというのが、現場の本音かもしれません。

しかし、それでもなおかつ理不尽な要求に屈する姿勢には、
もっと手厳しい子供たちの視線があります。

教育現場の主人公である子供たちのためにも、
間違いは間違いとして、毅然たる態度でただす大人の姿、
先生の姿こそが、何よりの「教育」であろうと思うのですがね。

皆様はこの出来事をどう感じましたか?