外国人観光客に人気のラブホテル、条件付きで改装に政府が後押し!?

loveho-j

政府は9日、訪日外国人旅行客の急増に伴うホテル不足の解消を目指し、比較的稼働率に余裕があるラブホテルの事業者が観光客向けの一般ホテルに改装する場合、条件付きで後押しする方針を固めた。改装のための融資が受けやすくなるよう政府系金融機関の対応を進める。一般住宅に有料で観光客らを泊める民泊の規制緩和とも併せ、受け入れ態勢整備を進める。


今や人気観光地となった東京、ホテルが足りない・・・


全国の宿泊施設の稼働率が軒並み上昇し、東京と大阪では2014年に稼働率が81%を超えた。外国人観光客が増えていることが主な原因だ。稼働率が80%を超えると、ホテルの予約が取れにくくなる。今や、お盆や年末年始の予約ともなれば半年前に予約しなければ間に合わない状況で、部屋代もディスカウントが影を潜め、急激に「高騰」することになってしまった。



観光庁の調査では、訪日客増加などで、ビジネスホテルやシティホテルの平均稼働率は4月も7、8割で推移するが、日本中小ホテル旅館協同組合によると、全国で約1万2000店ともされるラブホテルの平均稼働率は平日で約4割。風俗営業法の規定で、利用客が従業員と面接せずに鍵が受け渡せる一方で、18歳未満の利用が禁じられるなどの営業規制を受ける。


この影響で若い外国人観光客層、安く抑えたい層からは「宿泊費高い」





楽天トラベルによれば、東京や大阪は宿泊客が増えたことによって、従来なら価格を下げなければ売れなかった部屋が「適正な価格」で売れるようになり高単価傾向が続いている。また、早期に予約しなければ宿泊できなくなってしまった、という。ビジネスホテルなどでも1週間前が普通になっていて、国内旅行では90日前に、お盆や年末年始だと半年前に予約しなければ厳しい状態だと説明した。



空いてないし高いし・・・そこで目を付けたのが「ラブホテル」だ。
ラブホテルならホテルと比べて安く泊まれる。若者であればその空間すら日本の文化を楽しめると興味も津々。

都内の客室数が足りなくなる事を考慮


政府の観光ビジョンでは2020年に訪日客数を4000万人とする目標を掲げているが、都市部を中心に宿泊施設の需給逼迫(ひっぱく)が課題となっている。民間の調査機関は、東京オリンピック・パラリンピックに向けた今後のホテル開業計画を加味しても、同年には全国の客室数が1万室以上不足すると試算している。




今や都内だけじゃない


地方でも同様に「とれない・・・高すぎる・・・」現象が。







まだ夏準備してない方、急いでくださいね!