クロネコヤマトのマークの原案見つかる!59年前に6歳の少女が描いた原案とは??

yamato

クロネコマーク「原案」発見されたと話題になっています。
なんと59年前、社員の娘さんが描いたというマークの原案。。。。

宅配便最大手・ヤマト運輸のトラックに描かれた「クロネコマーク」。
今ではすっかりおなじみの黒い親猫が口に子猫をくわえた姿。

実は59年前にデザインを担当した社員の長女(当時6)の絵をヒントにして生まれたというのです(*_*)

そして、原案となった絵の実物が、同社の倉庫でみつかったというのです。



原案
「突然出てきて、びっくりしました」

ヤマト運輸を傘下に持つ、ヤマトホールディングスの白鳥美紀・100周年記念事業シニアマネージャー(57)が振り返る。

同社は2019年に100周年を迎える。
これを記念した社史などをつくるため、昨年2月、群馬県内の倉庫にあった古い段ボール箱を運び出した。中から見つかったのが、幼い筆致の猫の絵がクレヨンで描かれた、A4サイズの画用紙だ。

実は同社内では、クロネコマークは社員の子どもが描いた絵をヒントにして生まれた、という事実はすでに知られている。
31年前の社内報でも「原案」として紹介されている。

ただ、その絵が残っているとは思われていなかった。白鳥さんは「まさか実物が残っているなんて、聞いたことがなかった」。


 

genan

やまと

この少女も、いまでは大人...

ここまで有名なロゴになるとは夢にも思っていなかったでしょうね♪