もしも1日2ドル(約200円)で生きるとしたらどうする?資産額8.5兆円の大富豪ビルゲイツの回答が凄い!!

ビルゲイツ

世界一の富豪、マイクロソフト社の共同創業者であるビル・ゲイツさん。

どれぐらいすごいかというと、

フォーブスの2016年版の世界長者番付で、もちろん世界第1位!!

資産額は750億ドル(約8.5兆円)らしいです?

まあ、もう想像もできないほどの金額ですね。

そんな大金持ちのビル・ゲイツさんのこんな質問に対する回答が凄すぎるんです!!


「もしあなたが一日2ドル(約200円)で生きるとしたら、生活をよくするためにどうしますか?」




皆さんなら、どんなサバイバル術が思い浮かぶでしょうか??


こちらがビル・ゲイツさんが、そんな質問に対して行った回答です...。



もしあなたが一日2ドルで生活しないといけなかったとすると、あなたは生活を改善するために何をしますか?

これは極限の貧困状態で生活をしている約10億人の人々にとって深刻な質問です。もちろん、”たった一つの正しい解答”というのはありませんし、貧困というのは場所によって状況が異なります。

しかし私は、私の財団の(慈善)事業を通して貧しい国でニワトリを育てて生活している多くの人々に出会いました。
私はニワトリを所有することの裏も表も学ぶことができました(シアトルのシティ出身の身としては、学ばないといけないことはたくさんあるんですよ!)

そして私がハッキリと理解できたのは、極限の貧困状態にいる人々にとって、ニワトリが役に立たないことは無いということです。

そうです、もしも私が彼らの状況にいたとしたら私はニワトリを育てます。

ビル・ゲイツさんと奥さんのメリンダ・ゲイツさんが

数多くの慈善事業を手がけていることはよく知られています。

その中の一つのプロジェクトとしてゲイツ財団が

ニワトリをサブサハラ・アフリカに寄付するというものです。

アフリカには極限の貧困状態で生活している人々が多くいます。

ゲイツ財団の目標は、サブサハラ・アフリカで

現在5パーセントの家庭でしか行われていないニワトリの養育

(ワクチン接種済み)を30パーセントにまで引き上げ、

持続可能なマーケット・システムにまで成長させることだそうです。

こちらはゲイツ財団によるプロモーション・ビデオです。




飼育が簡単でエサが安価、そして良質な卵を産むニワトリは投資として最適だと言います。

繁殖させるのも難しくなく、確かに言われてみれば

生活の質をよくしていくのに賢いやり方であることは間違いありません。




世界には10億人の人たちが貧困に苦しんでいるので

この問いは非常に現実的な問題にかかわっています。

ビル・ゲイツさんは運営する財団で貧困層の支援をしており、

実際にニワトリが飼われている例を多く目にしています。

ビル・ゲイツは足を運んで現地を視察することで多くを学んだそうです。

現在、ビル・ゲイツ財団は積極的にニワトリに投資しています。

ニワトリが副産物として生み出す富は絶大で、

目に見える以上の効果が時間とともにあらわれます。


* * * * * *

ビル・ゲイツさんの投稿は世界中でシェアされ、

Facebookではすでに3万5千以上ものシェアを獲得しています。

今回の話は発展途上国における富の生み出し方にフォーカスを当てたものでしたが、

応用が効く話のようにも思えます。

自分自身の成長に投資してもよいし、能力が高いと感じた知人に投資するのも手です。

会社経営者であれば有望な社員に予算をつけて手厚く教育するのも投資の一つでしょう。

今のあなたの収入で、生活の質をよくしようとしたらどうしますか?

しっかりと考えて実際に行動に移さないと何も変わらないのかもしれませんね。