恐ろしい…! 逮捕された高畑裕太の過去の発言が病的にヤバい!!

o064006401411031249428

強姦致傷で逮捕された高畑裕太


001_size6




俳優の高畑裕太(22)が強姦致傷で逮捕され、世間はもちろんのこと、
芸能界にも大きな衝撃が走った。


パーソナリティをつとめるはずだった日本テレビ「24時間テレビ39」においても、
同局は対応に追われ、番組内で出演していたドラマも代役を立てて撮影し直すといった
事態に。
高畑容疑者は事件に対し、次のように語っている。




「女性を見て欲求を抑えられなかった。やったことは認めるが、企てていたわけではない」







「彼女もいたしお金もあったしそういう

 欲求は満たそうと思えば満たすことが

 できたが、 襲うということの欲求は

 襲うことでしか満たせないと思い

 このような事態になってしまった」





現在、ドラマやバラエティ番組に多数出演し、大物女優を母に持つ二世タレントとしても
人気があった高畑容疑者。


しかしネットでは、高畑容疑者の発言や行動から、何か病気的なものを持ってるのでは
ないかと以前から噂になっていた。


その高畑容疑者の言動や行動を、一部抜粋する。



去年放送の「ダウンタウンなう」にて


dawntownnow




昨年放送された、フジテレビ「ダウンタウンなう」においての発言。




「僕性欲が強くて、あんまり 喋った
ことない人にも『おっぱい』とか
言いたくなっちゃう。 下ネタも好き」






これを聞いた坂上忍は、「話を聞いていると全身が性器みたいだ」と呆れ顔だった。



「中居正広のミになる図書館」にて


default_2bbde8a76ae5902b36d6cceb04153d76




続いて、こちらも去年放送された「中居正広のミになる図書館」。

ゲストのひとりが手作り餃子を披露し、みんなで試食をしていた時に放ったひと言。




「うちのお母さんの作る餃子は
 クソマズイんですよ、真逆でベチョベチョ
 の脱水しきれてない洗濯物みたいな」






共演者のひとりに、「謝りなさい」と注意されるに至った。




母が金スマに出演した時のエピソード


maxresdefault-1



高畑容疑者の母である女優の高畑淳子が金スマに出演した際、高畑容疑者にスポットを
当てた企画が放送された。

役者になるための修行で、1ヶ月間便利屋としてバイトするという内容だったが、
この時の行動が大人であれば少し理解しづらいものだった。




・バイトに申し込むのに履歴書を忘れる
(履歴書が必要ということがわかってない)








・人の気持ちがわからない
 (バイト先で相手の気持ちを考えずに
 「汚ねぇ、くせぇ」と大声で喋る、
  運転して載せてもらってる車の中で
  5分経たない内に爆睡する…など)






周囲が若干首を傾げるような言動や行動であっても、今まではそれが
「キャラクター」だと思われてきたかもしれない。

しかし、「襲いたいという衝動」を押さえきれずに行動に移してしまった時、
「あの時のあの発言が今につながっているのでは」という恐怖にかわる。

本当に病気なのかは不明だが、いつか事実が判明する日も近いかもしれない。