インコが「禁句」を連呼する! ある主婦がネット上に相談した内容が衝撃的すぎる

きっかけは、ある主婦の相談からはじまった…

jz1-LJXE





お恥ずかしい話でもあり、一方では馬鹿ばかしい話でもあるのですが困っているのは本当なのです。

数日間ほど姉の子供達を学校帰りに預かってきたのですが、親が迎に来るまでの間は我が家のインコを可愛がって仲良く遊んでいました。
小学校の中・高学年でききわけもよく手もかからない子達なので気にも留めていなかったのですが、彼らが家に帰った後に仰天!

セキセイインコが夜に夫の肩の上で「キ○タマッ!!」とあの禁句をハッキリ叫んだのです。
夫も目を白黒させて「今、言ったよね。絶対言った!」とビックリ。
その日は2回ほど言ったような気がしたのですが、なんと翌日からそれはもうハッキリと「キ○タマ!」を何回も連呼するんです。
日にちが経てばたつほど仕舞には「お父さん(夫のこと)はキ○タマでしゅか?」と言う始末。(~でしゅか?・・はインコの好きなフレーズで何にでも付けてしまいます)
夫は苦笑いしながらも「そりゃ、持ってはいるけどさ~」などと暢気に聞いていますが私は恥ずかしいやら困惑するやら・・。

この先旅行などで預けたり、病院にかかる時に赤っ恥をかきそうで本当に困っています。
原因としては先に話した姉の子供達がインコがよくしゃべるのを面白がってこっそり教えていたようなのです。(姉が確認して叱ったそうです)
別にだからと言って甥っ子達に腹を立ててるわけではなく可愛いことには変わりませんし、私がちゃんと観てなかったのが悪いと思っています。
何分、小学生であれば面白がってそのくらいはやるかな・・と思いながらもやれやれです(疲)
しかも我が家のインコは自分の気に入らない言葉は何度繰り返しても一言も覚えませんが、そうでないものは相当飲み込みが早い方ですので余計かもしれません。

でも、この言葉はいつになったら忘れてくれるんでしょうか?!
どうしたらいいんでしょう・・。




なんと、飼っているセキセイインコがあろうことが禁句を話し出すという悩み。

こんなこと周りの人に相談しづらいですよね。

ネット上では、爆笑の嵐だったようです。



寄せられたアドバイス

maxresdefault





電車の中で読んでいたのですが、吹き出しそうになりました。賢いインコちゃんですね。

やったことないので、有効かどうかわかりませんが、その禁句に音が近い単語をたくさん教えてみては?
完全に言わなくなることはないかもしれませんが、回数は減るかも。。。

きんにく
きんつば
きんたろう
にんたま
にんにく
にんまり
たまたま
のりたま

などなど

インコちゃんを混乱させる という作戦です





maxresdefault-1





子供と一緒で、大人があわてたりすると、面白がって言うんでしょうかね。

私なら面白ビデオとかに投稿しちゃいそうですが、性格的に楽しめないなら、また甥っ子さんたちに、今度は善良な言葉を教えてもらうというのはいかが?






maxresdefault-2





ゴメンなさい、太郎ちゃんさんは悩んでいらっしゃるんですよね。
でも、インコちゃんがご主人の肩の上で・・・
その言い回しといい、もう爆笑です!!!
どうやったら禁句を忘れてくれるのか。。。
確か『キンタマーニ』という地名があったと思うので、
もし誰かの爆笑を買ってしまったら、言い訳にしてみてください。




maxresdefault-3





漫画の「動物のお医者さん」で迷い鳥の九官鳥が
「くそばばぁ」などの言葉を話すので
どんな荒れた家庭で飼われていたのかと思ったら、、、ってお話を
思い出しました。
困りましたね~
きんつば しましまさんのアイデアが素敵です






maxresdefault-4





子供の頃うちにいたキュウカン鳥も、似たような言葉で混乱していました。しましまさんの提案、うまくいくような気がします。。。キ○タマ! と言ったらすかさず似たような言葉を言うのが良いかも。

うちのキュウカン鳥には象さんの歌を覚えさせていたんですが、なかなか覚えなかったくせに、近所の子の名前(そうちゃん)を、簡単に言ったのが悔しくて、「そうちゃん!」と言った時にすかさず「ぞーうさん!」と歌っていたんです。そしたらまんまと「そーうちゃんそーうちゃんおー鼻が長いのね」と歌うようになってしまったんです・・・・。でもその後、時間はかかりましたが、ちゃんと「象ーさん象ーさん」って歌うようになりましたよ。




鳥を飼っている方からは、「違う言葉で気をそらせる」というアドバイスが多く
寄せられました。

インコとしては、「言いたいから言っている」のですよね。

とにかくこのインコちゃんが可愛すぎて、自分も飼ってみたいという方も
あらわれたようです。

動物の中でも、言葉を覚えられる種類の鳥だからこそあった、
「とほほ」でもあり、なんとも可愛らしいエピソードでした。