googleはクレイジーだ…ストリートビューで通りがかりの牛の顔にもモザイクが!!

ストリートビュー

neko-jump1



世界中のどんな場所でも映し出してくれるストリートビュー。

撮影時に人が写り込んだ場合は、モザイク処理をして顔が識別
できないようにしてくれます。


そんなストリートビューですが、何を思ったのか
ある動物にモザイクをかけていて!?



google-blurred-cow-face-privacy-1_thumb



さすが、google。
牛のプライバシーにまで配慮し、モザイク処理をしたのでしょうか…。

これに対して海外のユーザーは次のようにコメントしています。



・googleは隠すところを間違えてるだろう!彼女は裸で道の真ん中を歩いてるんだから笑

・たしかに顔は隠されてるけど、お尻が丸出しだよ!

・googleは牛だけ特別扱いする気か?




など。

もちろんgoogleは処理を手動でしているのではなく、アルゴリズムに従って行っています。
そのため、今回の事件はアルゴリズムが誤って牛の顔を人間の顔だと認識してしまったことが
原因だとされています。

今、この牛はどこでどうしているのでしょうね。