元ギャングが、タトゥーの消された自分の姿を見たら…「これは深いストーリーになる」

%e3%82%bf%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc
もしも、タトゥーを彫っていなかった頃の自分に戻れたら

maxresdefault


”もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。”

そんな思いつきから、イギリスの写真家スティーヴン・バートンは1冊の写真集を作りました。
彼は400時間以上もかけて、ロサンゼルスの元ギャングが全身に入れたタトゥーを“除去”したのです。

「Homeboy Industries」という、元ギャングへの教育や支援を行っている団体のメンバーがタトゥーを除去するプロセスを見て、このコンセプトを思いついたのだとか。

何とも胸に込み上げる、その写真がこちらです。


笑い、沈黙、涙。 「これは、深いストーリーになる」
035a5b6b42f2ff420f15f5145baa03d8_content


参加者のひとりは、タトゥーが取り除かれた自分の写真を見せられた時に、何と言ったら良いのか分からず、笑い出してしまったそうです。
そしてその後、重たい沈黙が彼を包み込み、目には涙を浮かべていたのです。

その様子を見たスティーヴン。「これは深いストーリーになる」と確信しました。

8ff65159f422214235e05dd8da9dfb6e_content


この一連のプロジェクトのタイトルは「Skin Deep: Looking Beyond Tattoos(肌の向こうに:タトゥーを超えた眼差し)」。

タトゥーの与える印象だけでなく、元ギャングたちの痛ましくも、希望にあふれた「ストーリー」に焦点をあてようとしているそうです。

4f45d53310402b64e1114539da27d470_content


f125b8402d8afb571abe627f91b1bed2_content


999f2d6c3a20e9e4e6a008a2bad3051b_content


参加者は、男女27人の元ギャングたち。
スティーヴンは172ページにも及ぶ写真集にまとめ、現在Kickstarterにて支援を募っているということです。
%e3%82%bf%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc