ナイジェリア・精力増強ハーブを摂取した50歳男、激しい性交渉で女性が失血死!!

そんなことで死ぬの!?

141228


愛の営みで、「死ぬ気持ちよかった」「もう死ぬ」というようなセリフを時々耳にするが、本来はふたりの絆を深め合う行為であるため本当に死ぬことはまずない。

だが、今回ナイジェリアでとんでもない珍事が勃発した。

なんと、勢力増強ハーブを摂取した50歳の男が激しい性行為の末に女性を失血死させたのだという。

一体、どうしてそんなことになってしまったのだろうか。
その原因が、こちら。


下半身が”血の海”だった

img_0


『dailypost.ng』によると、ナイジェリア・オヨ州のイバダン・アサカ地区で先月10日午後3時ごろ、激しすぎる性交で女性を死なせたとして道路清掃員をしているファタイ・ブサリという50歳の男が逮捕された。現場はファタイにあるアパート。

ファタイのガールフレンドであるサディアット・アデジュウォンさん(48)が突然ベッドで意識を失ったという通報を受けてイバダン署の警察官が駆け付けたところ、サディアットさんはすでに息絶え、下半身は血の海であったという。
彼女も道路清掃員をしており、2人は数か月前から交際するようになっていた。

興奮しすぎて暴力を振るったのかと思いきや、ファタイはベッドに入る前にナイジェリアの男性にとって“バイアグラ”と言われているハーブを摂取していたことを告白。
そのため濃厚な愛撫と性交が数時間も続いたといい、彼女の下半身から大量に出血していることに気づかなかったことが、死に至らしめてしまった原因とみられている。

この、前例のほとんどないであろうベッドで起きたアクシデントは過失致死か不慮の事故か…。
検察当局はナイジェリアの刑法および州法のいくつかで裁くことが可能だとして起訴に踏み切り、ファタイの身柄はアゴディの拘置所へと送られた。
治安判事もかなり慎重な姿勢を示しており、予備審問は延期の末に今月30日に予定されたが、ファタイは

「サディアットが息を吹き返すよう私も必死だった」


と話し、自身の無罪を主張しているという。

恐ろしいことに、ナイジェリアではこの事件が起きる少し前にもカドゥナ州で32歳の男が同様の精力増強剤を服用した後で14歳の少女を強姦し、意識不明の重体に陥らせたとして逮捕・起訴されていた。