ピコ太郎に、あの大物作曲家が苦言!!「腹立つ」「大嫌い!」

あの大物作曲家、ピコ太郎に苦言を呈す!

20161104-00000006-wordleaf-048534f7c02c9baa516efe4908bdeef80


「ペンペイナッポーアッポーペン(PPAP)」で大ブレイク中のピコ太郎に、あの大物作曲家が「腹立つ」「大嫌い」と苦言を呈した。

一体、それは誰なのだろうか?


”浪速のモーツァルト”キダ・タロー

20160115-00053273-roupeiro-000-6-view


ピコ太郎に苦言を呈したのは、”浪速のモーツァルト”ことキダ・タロー(85)。

キダは23日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。
謎のシンガー・ソングライター、ピコ太郎の世界的ブレークの要因を分析した。

番組で「あの大物作曲家がピコ太郎に物申す」と題したコーナーに入ると、司会の宮根誠司が「これ音楽業界が大変なことになりますよ」と前振り。
VTRが流れると、ピアノで「かに道楽」のテーマ曲を弾くキダが登場した。

番組リポーターから「タローはタローでもピコ太郎が…」と聞かれると「知っております。うらやましい。お金儲けですやん」と正直な気持ちを答えた。

キダは、

「有名なミュージシャン(ジャスティン・ビーバー)が褒めたんでしょ?これあったら、ごっつい“引き”や」


と再び羨ましがり、自身は誰の“引き”が欲しいかと聞かれると、時期アメリカ大統領の「トランプ」と即答した。

その後は大ヒットした楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」に関して真面目に評論。

「わらべ歌的なラップ。言葉遊びですね」
「これは難しい。あまりメロディーが発生しないから、歌が面白くなければついてこない」
「言葉とリズムとセンスが組み合わさって、非常にセンスをお持ちですね」


などと解説した。

しかし、ピコ太郎のヒョウ柄服やパンチパーマなどのルックスについてはダメ出しの嵐。

「見てくれが嫌いやねん、俺」
「あんなオッチャン、道歩いとったら、ほんま腹立つ。大嫌い」


と、キダ節を炸裂させ、ピコ太郎について熱く語った。