斎藤工、女子大生をお持ち帰りした“口説き文句”が痛すぎると失笑の嵐!「あなたのような美しい方が…」

spice-eplus
女子大生をお持ち帰りの斎藤工、”口説き文句”が痛すぎる!!

spice-eplus


11月17日に発売された写真週刊誌「女性セブン」が、イケメン俳優の斎藤工に口説かれた一般女子大生の談話を紹介し、注目を集めている。

この女子大生は10月下旬の週末に都内で開かれたというパーティで斎藤に話しかけられ、連絡先を交換。
後日、斎藤宅に招待され、一度きりの情事に至ったという。

その後、斎藤からの連絡は滞ってしまったとのことだが、女子大生も「一夜限りの関係だったとしても、後悔はないです。優しくしてくれましたから。むしろいい経験になったと思うようにします」と、プラスに語っている。

夢のような時間を過ごした女子大生を多くのファンが羨ましがっているが、ただひとつ、”残念”なことがあるという。

それは、女子大生に対する斎藤の”口説き文句”だった。


不貞を題材にした2014年放送のフジテレビ系ドラマ「昼顔」に出演し人気が爆発した斎藤。

女子大生との関係について、所属事務所は「好意を持っていた女性ではありましたが、すでに終わっております」という実に珍しいコメントを発表。
こういった姿に「潔すぎる」と好感を持つ人もいたほどだ。

しかし、ただ一つ残念なところがあるという。女性誌記者がこう語る。

「自宅に誘う前の段階でのLINEのやりとりも紹介されており、斎藤から『あなたのような美しいかたが毎日電車に乗るなんて心配です』という文面が送られてきたそうですが、その口説き文句がいただけない。聞いているだけで恥ずかしくなるような文面ですが、『今どきこんなに痛いセリフを言う人がいたとは‥‥』『これは斎藤クラスでもアウト』『鉄道会社に失礼すぎるだろ!』など、ネット上では失笑の嵐です」



脚本家の書いた甘いセリフを口にすることは得意でも、自身の考えたオリジナルのセリフは、まだまだなのかもしれない。

spice-eplus