不思議で切ない話:子供の死が受け入れられず狂った母親「インフルエンザに罹って、目が覚めたら子供がいなかった」なぜ?

私は、インフルエンザで寝込んだだけだと思ってた…

about-sudden-infant-death-syndrome


赤ちゃんを生んで1年後、私はインフルエンザに罹った。

少し寝込んで起きてみると、赤ちゃんがいない。

でも、誰も「赤ちゃんなんていない」と言う………。

どうして?

私は確かに赤ちゃんと過ごしたはずなのに。



13/06/12
よく怖い話で「昨日までいた彼女の存在がそっくり消えた」とか「昔の友達に関しての記憶が、自分以外ない」 とかあるけど、それと同じ現象を、私も体験しました。糖質だと思ってくれるなら思ってもらって構わないです。

2年前出産しました。三人目の子なんだけど、二人目を産んだ時に「頚管裂傷(けいかんれっしょう)」って症状(赤ちゃんの身体で膣が裂ける)に見舞われて、その時も裂けたから、自分は赤ちゃんを確認した後すぐ、手術を受けました。

頚管裂傷って普通は数ミリから数センチで、指で押さえて止血(膣も粘膜だから鼻血と同じ処置)なんだけど、自分は二人目の時、子宮口から膣口までさくっと裂けて縫ってたから、今回も大事を取って縫ってもらったんです。

その後一日たってから赤ちゃんと対面。赤ちゃんは久し振り(6年ぶり)だったからすごく嬉しくてかわいくて、めちゃめちゃ可愛がりました。上の子2人も可愛がってて、すっごい大事にしてました。

そんで生まれて1年近くたった冬に、私はインフルエンザになったんだけど、子ども達にうつるといけないから、ひとり隔離されて三日くらい寝てました。

起きたら赤ちゃんがいない。おかしいなぁ、と思って家族に聞いたら、赤ちゃんなんかいない、って。

だってインフルエンザになる前までちゃんと一緒に生活してて、みんなも可愛がってたじゃん?熱があるからって医者に行く前お母さんに、赤ちゃんよろしくって言ったじゃん?

って、こっちはパニックなんだけど、熱で変な夢みたんだろーって。

赤ちゃんを寝かせてたはずのベビーベッドも、押し入れの奥に仕舞ってあるし、赤ちゃんの服とかおむつとかおもちゃとか、いっさいない。

私がおかしくなったのか、熱出してる間になんかあったのか、パニックで家族に何度も赤ちゃんについて聞いたら、だんだん気味悪がられて、そのうちダンナが教えてくれました。

赤ちゃんは生まれた時産声が上がらなくて、調べたら肺に疾患があって、すぐ人工呼吸器つけたけど、自分が手術してもらって麻酔で寝てる間に、亡くなっていました。

先生や助産師さん、メンタル担当の看護師さんが説明をして、私も納得してたし、お葬式もしただろ、って。

私は赤ちゃんを抱いてチャイルドシートに乗せたのも覚えてるし、毎日赤ちゃんと楽しく暮らしてた記憶があるんです。

でも、赤ちゃんが生まれた後のアルバムを見ても、赤ちゃんは写ってないんです。赤ちゃんはやっぱり、私と一緒に退院はしてなかったんですね。今思うと。

だんだん落ち着いてくると、赤ちゃんの葬式のことも思い出したし、赤ちゃんが死んだって聞かされて、悲しくてパニックになった時の気持ちも思い出してきました。

亡くなった赤ちゃんに対して、自分がその事実を受け入れてなかったことを、申し訳なく思うようになりました。

家族はインフルエンザの熱(40度近くあった)でうなされて、幻覚みたいなものを見たんじゃないか、って言ってくれたけど、赤ちゃんが生まれる前に買った育児日記に、赤ちゃんとの毎日が、書いてあるんですよね……。

体重や身長は書いてないし、三ヶ月検診とか半年検診とかについても、「問題なし」って書いてあります。それは多分、成長を直に見てないからなんでしょうね。

だけど家族の知らないところで、自分は赤ちゃんが生きてるんだ、って生活を送ってたんだな…って、自分で自分が怖くなりました。

確実にあの間、自分は狂ってたと言われても仕方ないし、狂ってたと思います。

落ち着いてから、近所の信頼出来る友達ママに話をしたら、「時々、赤ちゃんの話してた」って言われた。赤ちゃんが亡くなったことはその友達も知ってたから、話を合わせてくれてたみたいです。

「暑いから赤ちゃんの外出をひかえてる」

とか

「赤ちゃんが風邪気味だからお母さんに預けてきた」

とか言いながら、幼稚園のPTAに参加してたんだって。

てことは、もしかしたら、インフルエンザの熱で幻覚見たんじゃないか、って言ってくれてる家族も、私と「赤ちゃん」の生活に、黙って付き合ってくれてたんじゃないだろうか、と思います。

確認してないけど……もしそうだとしたら、当時小学校1年と幼稚園だった上の子2人が、どんな気持ちでそんな母親を見てたかとか考えると、申し訳ないやら怖いやらです。

でも今でも、赤ちゃん抱っこしてる感覚とか、赤ちゃんがおっぱい飲んでる感覚とか、あれは現実だったんじゃないか、と思う事もあります。

まだ狂ってるのかも知れないです。

書いてみたら怖い話っていう部類じゃなかったですね、長々と失礼しました。


1. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月02日 21:40
怖い話というより切ない話ですね

2. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月02日 23:31
全然後味悪くない
本人も辛かっただろうけど周りも大変だっただろうね
これから元気な二人の子供に愛情注いで幸せな家庭を作って欲しい

3. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月03日 00:28
切ない…

4. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月03日 09:07
涙出そう(´・_・`)

5. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月03日 11:16
育児日記を書いていたのか…
せつない話だ…(つд`)

6. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月03日 11:20
インフルエンザを経て赤ちゃんが亡くなっていたことにふと気付くというのも不思議な話だね

7. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月03日 12:43
お腹にいたこと、周りの方も大事にしていたことは事実だよ

8. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月04日 01:04
もしかしたら、赤ちゃんがママと離れたくなかったのかもね。
幻覚だとしても、その子と暮らした記憶があるのは幸せなんじゃないかな。羨ましいよ

9. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月04日 20:24
正直に書いたのだな、書くには勇気が必要だったと思う。それにしても人間と言うものは本当に家族などの他の人間達の関係の中で支え合って生きているのだと言う事が良く分かりました。

10. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月04日 20:49
また我が子として産まれてくるよ。本当だよ(体験者)

11. 本当にあった怖い名無しさん 2016年12月04日 21:57
母親より家族のサポートに感動した!
優しい子供たちだよな