松本潤のせいで、ジャニーさんが櫻井翔を叱責!?「なんでYOUたち、言わないんだよ!」

正直者の、松本潤

3155_original
出典:MARBLE


今からおよそ12年前、同世代のジャニーズタレントたちが出演したミュージカル『ウエストサイドストーリー』が上演された。
メインキャストは嵐の松本潤、櫻井翔、大野智、そして他に風間俊介、生田斗真たちがいた。

嵐の3人はすでにデビューしていたため、ここに旧友でもある風間と生田が加わるのというのは、ファンにとって貴重なステージだった。

だが、松潤のせいで櫻井翔がとんでもない目に!?


ある日の稽古場で繰り広げられた面白いエピソードがある。
10代のジャニーズJr.が新しい舞台に挑戦する際には、ジャニー喜多川社長が稽古場に足しげく通ってアドバイスをするという。
ジャニーさんはこの『ウエストサイドストーリー』の稽古場にもやってきて、風間に「風間のチコがいいんだよー」と声をかけたそうだ。

しかし、風間の役名は「チノ」だった。
ジャニーさんは会話中、ずっと「チコ」「チコ」と間違った名前を連発。
その場には櫻井もおり、風間と櫻井は今さら指摘するほどのことでもないだろうとアイコンタクトを交わし、櫻井も「風間のチコはさぁ~」とジャニーさんに合わせて話していたそうだ。
2人とも「このままチコで押し切ろう」と思っていたところに、「あー、ジャニーさん、来てたんだー」と、ふらっと現れたのが松本。
ジャニーさんが「いやぁ、今、風間のチコの話してるんだよ」と言うと、松本は

「チコってなんだよ。チノだから」



と、さらっとジャニーさんの間違いを指摘した。

櫻井と風間が良かれと思ってごまかしていたことは、水の泡になった。結局、ジャニーさんに

「なんでYOUたち、言わないんだよ!」


と、2人は叱られてしまった。

櫻井翔は、当時を振り返り「正直者(松本)が牙をむいた瞬間だった」と語る。
結果的にはジャニーさんに恥ずかしい思いをさせてしまったが、もともとは恥をかかせないようにと気を遣っての行動。
二人の優しさが垣間見れるエピソードだが、スバッと指摘した松本にも驚きだ。