ナオト・インティライミ、新妻聖子への暴言でネット民も激怒!「こんな人の音楽を聴いても、もう心に響かない」

ナオト・インティライミ、新妻聖子への暴言を謝罪

photo01


ミュージカル女優で歌手の新妻聖子が、歌手のナオト・インティライミへの怒りをぶちまけた。
今月4日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演した新妻は、過去に共演した舞台でナオトから「35歳のババア」と言われたことを明かした。


番組では「あの時どうかしてました」というテーマで、過去の出来事を再現VTRで紹介。
ゲスト出演の新妻は、この日一緒にゲスト出演していたナオトと共演した舞台でのエピソードが明かした。

再現VTRは舞台の共演者との食事会の席上、新妻が身体のケアについて話を切り出すと、これにナオトが反応。

「35歳のババアが何言ってんだよ」


と発言したという。
新妻は食事会の席を盛り上げるために言ったと受け止め、この場は笑顔で対応したが、今度は舞台の出番が終わった直後に怒りが爆発。

楽屋に戻る途中に息を切らせていると、ナオトから「35歳のババアだからじゃないの?」と再び挑発的な言葉が飛び出た。
これに新妻は怒り心頭、反射的にナオトのみぞおちにパンチを繰り出し、振り返ることなく楽屋に戻ったことが映し出された。

その日の夜、共演者らで食事会に行くとナオトが皆に対して「最近、ありえないと思ったこと何かある?」と質問。
これに新妻は「あるわ! 2回もババアって言われたこと。あんたにね」とナオトに本気モードで説教。ナオトはその場で土下座して謝罪し、以降、新妻の出演する舞台にはナオトから花束が贈られるようになったという。

画面がスタジオに戻ると、ナオトは開口一番「汗が止まらない」と嘆きの表情。MCの東野幸司が、

「ナオトさん、あなた最低やね」


と言うと、ナオトは「いや…最低です」と素直に非を認めた。

パンチが反射的に出たことを話した新妻に、ナオトは「息がハッとなりました」と本気のパンチを食らったことを改めて思い出した様子。ただ、「20歳の男たちがいて、僕らは同じ世代で『おばちゃん』みたいな」と、歳の近い新妻との軽いノリで場を盛り上げようとしたと弁解した。

一方、ナオトが「ババアと言ってない」と発言自体を否定しようとすると、新妻は語気を強めて「言ったよ。ちゃんと覚えてる」と言い逃れを許さなかった。

新妻は千秋楽までナオトとの距離をいかに取るかに心を砕いていたと明かす。
そして、舞台では恋人同士の役だったこともあり、「一番かわいく見られたいのに、その相手役がババアと思ってるんだなって思ったら、演技に影響するんですね」と女優としてのこだわりをのぞかせ、「辛かったです」とナオトの言葉に心を痛めたことを語った。

ナオトは「久しぶりに本気で謝りました」と土下座謝罪を振り返りながら、新妻に「この場を借りて本当にすみませんでした」と平謝りするしかなかった。

しかし、このことがきっかけでネットにはナオトに対するバッシングが急増。

一緒に仕事をする人として、最低な人ですね。プロとしても、ありえない。

いるよね…こういう人。

人として最低。
その場を盛り上げるつもりだったと言い訳しているけど、
それならなおさら良くないでしょ。
若いとか男とか関係なく人間として何かが欠けてる気がする。
こんな人の音楽を聴いても、もう心に響かない。

マジか。
嫌いになるには十分すぎる。

曲好きだったのに、一気に冷めました…最低!

こりゃダメだ 酷い。いわゆるセクハラじゃん

仲が良くてそういう冗談を言い合える関係だったらまだしも、そうじゃないなら問題だよね…

こういう無神経なこと他でも沢山言ってそう。

出典:コメント


素敵な曲を沢山作ってきたナオトだけに、一気に気持ちが冷めたというファンも多くいた。
彼が怒らせてしまったのは、新妻だけではないようだ。