人気漫画『進撃の巨人』初の舞台化が決定!!来夏上演 「巨人どうするの?」の声も「楽しみにしていてください!」

『進撃の巨人』、遂に舞台化!!

attack_on_titan


2009年から『別冊少年マガジン』(講談社)で連載されている大人気漫画”進撃の巨人”が、舞台化されることが分かった。

来夏上演予定だという。


同作品は2013年の4~9月にテレビアニメ化されたことをきっかけに、ゲーム、実写映画化など、様々なメディア展開を繰り広げて社会現象となった。

舞台の公演タイトルは「ライブ・インパクト『進撃の巨人』」で、2017年夏に上演を予定している。

この作品は、人間を喰らい、絶対的な力を持つ謎の「巨人」たちと、それに抗う人間たちの凄絶な戦いを描くダークファンタジー。
単行本累計発行部数は6000万部を突破した。
初の舞台化とあって本日9日の時点では、会場・公演日程・席種などは未発表。
具体的な制作プランについては徐々に公開していくという。

連載当初から同コミックを担当する週刊少年マガジン編集部の川窪慎太郎氏は、

「作品の世界観が舞台でどう表現されるのか。例えば、巨人出現のシーンや、調査兵団の『立体機動装置』がどのように演出されるのか。五感をフルに活用して体験してもらえるステージになるように企画しています」


と力説し、「楽しみにしていて下さい!」と結んだ。

報道陣へ向けたプレスリリースには、

「轟音。爆風。蒸気。血飛沫。誰も見たことのない表現。誰も味わったことのないスケール。巨人が、兵団が、あの戦いが、あの悪夢が…あなたの目の前に現れる。紙や映像だけでは喰われたりなかった者達へ。今こそ集まる時が来た。」


との言葉が記載された。