大阪で孫を暴行死させた祖母「もう一人の孫の方がかわいかった」

「もう一人の孫の方がかわいかった」

873340738e1ee1b4bfc1534ac4fd39ee_content


大阪で、生後2か月の孫に暴行を加え死亡させたとして祖母が逮捕された事件で、祖母は逮捕前、「もう一人の孫の方がかわいかった」と話していたという。


今月7日に送検された山内泰子容疑者(66)は今年の4月、娘の自宅で生後2か月の孫、佐伯彩希ちゃんに対し脳に強い衝撃を与える暴行を加え死亡させた疑いがもたれている。
しかも、信じられないことに母親である娘が帰宅し、彩希ちゃんの異変に気づき救急車を呼ぼうとしたものの、山内容疑者がやめさせていたことが新たに分かった。

山内容疑者は容疑を否認しているが、逮捕前の取材に対し「もう一人の孫の方がかわいかった」と話していたという。


「(彩希ちゃんも)大きくなったらそれなりにかわいがるけど、いまはまだ(もう一人の)2歳の子どもを重視してかわいがるよと(娘に)言った」

「だから彩希ちゃんは放っておいても良い」



彩希ちゃんは山内容疑者に懐かずよく泣いていたという。
警察は彩希ちゃんへの暴行の発覚を恐れ、救急車を呼ばせなかった可能性もあるとみて、犯行の動機も捜査している。