SMAP稲垣吾郎、木村拓哉の過去の“危険な遊び”に発言!一体何をしたの?

%e7%a8%b2%e5%9e%a3
稲垣吾郎、木村拓哉の過去の“危険な遊び”に対して…

xfdiw


SMAPの稲垣吾郎がパーソナリティーを務める文化放送のラジオ「稲垣吾郎のSTOP THESMAP」が8日放送。
メンバーとの交流を明かす「メンバーとの時間」のコーナーで、木村拓哉が過去にしていた”危険な遊び”について語る場面があった。


ラジオではリスナーから、

「木村くんが小学2年生の時、大好きなアニメ『トムソーヤの冒険』に憧れて焚き火をしたそうです。それを見た人が『子どもだけで焚き火をしている』と学校に通報して次の日、木村くんは全校集会に立たされてしまったそうです」


という、木村のエピソードを綴ったお便りを紹介。

稲垣は、自身の幼少期と照らし合わせて

「僕はそれほど危険な遊びをするほど勇気があるタイプではないので、無難に生きていましたね」

「無難に生きてすごく平凡な子だったので、こんなおちゃめなことはしてないですね」


とコメントした。

続けて稲垣は、幼い頃の自身の”怒られエピソード”も披露。

「友達と一緒に紙飛行機飛ばしてたら、うちの団地の下の芝生の緑が真っ白に変わってた。紙飛行機が100基くらい落として…十分これも危険な遊びですよね」



稲垣のほのぼのと落ち着いたトーンで語られるこの番組だが、来年からタイトルと放送時間を変更して3月30日まで放送することを発表していた。
タイトルは未定だが「SMAP」は使用せず、現在の番組は今月29日を最終回としている。
番組の新タイトルは来週、発表される。
%e7%a8%b2%e5%9e%a3