なすびが明かす懸賞生活の裏側「懸賞で当たったドッグフードを食べていた」

なすび、懸賞生活で”ドッグフード”を食べていた

nasubi-1


伝説のテレビ番組『進ぬ!電波少年』で大ブレイクした芸人・なすび。
全裸からスタートし、懸賞で当たったものだけで生活を送っていたという彼。

そんな彼が、8日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」に出演。
ブレイクのきっかけとなった懸賞生活の舞台裏を語った。


人気テレビ番組・電波少年で、懸賞で当選した物だけで生活し、当選総額が100万円になったらゴールという企画に参加し、大ブレイクを果たしたなすび。
1年3か月の懸賞生活で書いたハガキは6~7万枚。ハガキ代だけで300万~400万かかっていたという。

また、大学生で芸人としては駆け出しのなすびがオーディションで選ばれたきっかけは、なんと“くじ引き”。
この理由は、懸賞生活には運が必要なためで、集められた芸人およそ20人で当たりを引いたのがなすびだった。

当選するとすぐにアイマスクとヘッドホンをつけて、車で連れて行かれた場所がワンルーム。
そこから1年3か月もの間、一切の外界との接触ができない、懸賞生活がスタートしたのだとか。

番組MCを務める次長課長・河本準一が「ほんまに当たったやつだけですか?飯って」と懸賞生活の食事について質問すると、

「何も当たらなかった、最初の2週間だけ支給されていた食べ物があって、それが乾パン」


と答え、飲み物は水道水で済ませていたと語り、共演者を驚かせた。
 
懸賞生活で一番苦労したのは、食べ物だったという。
米がなくなった時は、懸賞でたまたま当たっていたドッグフードを食べて、1、2か月ほど生活していたと衝撃の告白。
そのあと、米が当たった時に「やっとこれで人間に戻れる」と思ったという。

さらに服はもちろん、タオルやシャンプー等もなかったので、体を洗うのはお湯だけ。
乾かす際は体をぶるぶる振っていたと話すと、河本から「そのあと、ドッグフード食うんやから、犬やん!」と突っ込まれていた。

なすびは電波少年に出演したあと俳優として活動していたが、東日本大震災の後、故郷・福島の被災者を元気づけるためにエベレスト登頂に挑戦。
今年の5月、4度目の挑戦で成功している。

現在のテレビ番組ではとても有り得ない企画。
それを乗り越えたからこそ、なすびは何でも挑戦できるのかもしれない。