松居一代、船越との間に長女がいたことを告白!!「天国の娘へ」

松居一代、船越との間に長女がいたことを告白

9c640_1212_b85276fe20e0765cbc9ec9d7259a1d9d


女優の松居一代(59)が16日、自身のブログを更新。
夫で俳優の船越英一郎(56)との間に女児を授かっていたことを告白した。


以下、松居のブログより


衝撃告白 天国の娘へ

特別なおはなし

どうして元気なの・・って聞かれる
どうして強いの...っていわれる
それは
あたしにも
悲しくって 辛い過去があるからなの


実はねぇ・・・
天国にいってしまった 我が娘
さくら が応援しているからなの



結婚して 2年目だった
身が引き裂かれるほどに
欲しかった !!!!
帝王のあかちゃんを授かった !!!!
あたし 45歳
帝王 42歳

でもね・・・
ある日 病院で
「心臓が止まってます」って言われちゃって点

あたし・・・・
お腹から赤ちゃんを出せなかった
あたしも死んでもいいと思った

でも点
高熱が出始めて
危ない状態になって点
緊急手術

赤ちゃんは女の子だった
名前を 「 さくら 」って名づけて
お寺様で水子供養

生きていたら
今年の春から高校生なんだ
きっと帝王に似て
可愛かっただろうね

流産したショックで立ち上がれない
あたしに。。。帝王は
子供がほしかったら
もっと若い女性を選んだ
生涯共に生きたいから
君を選んだ ・・・
っていってくれたんだ


15年過ぎた今も 好き
さくらは こども
あたしのなかで生きてる
だから
あたし頑張れるのよ
どんな悲しいことが
あっても
歯を食いしばって
立ち上がれる


かあさん がんばって って
さくらが
天国から応援してるから

あたしの命ある限り
食らいついて
さくらの分も生きます

こんな
あたしだけど
これからもよろしくね
本当にありがとう



2001年6月に船越と再婚した松居。
彼女の明るい笑顔の裏には、乗り越えてきたつらすぎる過去があった。