吉本新喜劇の島木譲二が脳溢血で死去”大阪名物パチパチパンチ”などで人気に「最期は奥様に看取られた」

ada1
吉本新喜劇の島木譲二が死去

ada1


「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られる吉本新喜劇の役者、島木譲二(本名=濱伸二、はましんじ)さんが16日午前9時6分、脳溢血のため入院先の大阪市内の病院で亡くなった。
72歳だった。

同日、所属事務所が発表した。


島木さんは兵庫県出身。
元プロボクサーの経歴があり、現役時代には「西日本ミドル級新人王」を獲得したこともある。

そして、1980年に吉本入り。同年11月に吉本新喜劇で初舞台を踏んだ。
“コワモテ”のルックスから繰り出される「大阪名物パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」などのかわいらしいギャグで人気を博した。

島木さんは体調不良のため2011年1月から、大阪市内の病院に通院し治療を受けていた。
2011年2月には早期の回復を目指すため、自宅で療養に専念することを発表。
その後は入退院を繰り返し、2010年12月26日のNGKでの吉本新喜劇出演が最後の舞台となった。
所属事務所によると「本日、体調が悪化し、最期は病院で奥さまに看取られました」とコメントしている。

通夜は17日午後7時から。
葬儀告別式は18日正午からで、いずれも新大阪典礼会館(大阪市淀川区野中北1-1-77)で執り行われる。
喪主は妻の昭子さんがつとめる。
ada1