※閲覧注意 2千年間生きたように眠る「漢王朝の貴婦人ミイラ」! 筋肉も内臓も血液も残って肌もツヤツヤ

2千年間生きたように眠る「漢王朝の貴婦人ミイラ」

78327d7bb6c1407a6cdf12ca8aec2d17_content


ミイラと聞くと、エジプトのイメージが強いですね。
しかし、実はこれまでに発見されたミイラの中で最も素晴らしい保存状態のミイラは、「中国」のものなんだそうです。

今回は、2千年間生きたように眠る「漢王朝の貴婦人ミイラ」についてご紹介します!



■みずみずしい肌をした2100年前の貴婦人ミイラ

米ソ冷戦時の1971年に湖南省長沙市付近の山腹で、労働者らが防空壕を掘っていた際に偶然発見した広大な漢王朝時代の墓、そこから発掘された1体の女性のミイラがまるで生きているような質感を保っていた。

およそ2100年も前のミイラであるが、肌は柔らかくみずみずしいままで毛髪やまつ毛さえも生え揃っており、筋肉が削げ落ちていないため驚くことに腕や脚の関節を折り曲げることさえ可能であった。古代中国にはエジプト以上に発達したミイラ技術があったのではないかと注目を集めているようである。

身体の持ち主はシン・ズェイ(Xin Zhui、辛追)。漢王朝時代に湖南地方を統治していたLi Cang(利蒼)の妻で、紀元前163年に50歳で亡くなったとされている。

夫Li Cangと、息子と見られる若い男性も一緒に埋葬されていた広大な墓地を掘り起こす作業は、現地の高校生1500人の助けを借りる大規模なものであった。墓には千以上にも及ぶ工芸品や装飾品も埋葬されていたという。

ミイラ本体は絹製の布に20層以上ぐるぐると巻かれ、炭がぎっしり詰められた棺の中に入れられており、バクテリアの侵入を防ぐための防水処置として棺の周囲を粘土で封をして厳重に密閉されていた。



4be29f2655909d68c33bd7fbd189ae39_content

ミイラを調査した専門家たちは、死亡時から2000年以上経過しているのにもかかわらず内臓器官がそっくり綺麗に残った状態であったことに驚愕した。静脈内には血液も残されており、血液型がA型であったことも判明している。


■出土品から豪奢な生活がうかがい知れる

9f140eebc70c92b286616ead33abb8ae_content

生前の姿も復元されておりそちらは中々の美女であるが、ミイラを見るとわかる通り死亡時はやや体重過多の様子。高血圧や動脈硬化、糖尿病そして重い心臓病を患っていたと推測されており、それらは贅沢な食生活やライフスタイルに起因していると専門家らは考えているようだ。ミイラの保存状態の良さから、死の直前に食したのがメロンであったことも判明しているらしい。

墓が発見されミイラが掘り出された時には100枚もの絹製の衣装、160人の召使いを表した木製人形、そして大量の化粧品類に囲まれて埋葬された状態であったということで生前の豪奢な生活がうかがい知れる。

しかしシン・ズェイの半生には謎が残っている。シン・ズェイはしばしば中国でミュージカルなどでも演じられる題材で『漢王朝の美女』 というタイトルをつけられたショーは彼女と彼女の夫Li Cangの甘いラブロマンスになっていることが多いという。ともあれ広い中国だけに、生きているようなミイラがまだ他にも眠っているかもしれない。
(文= Maria Rosa.S)