寒いからって油断しない!!「冬にゴキブリを増殖させる」NG行為3つ

冬にゴキブリは出ないだろ♪って思っていませんか?

379200_fotolia_39594607_subscription_monthly_m-20160119113021-500x339


冬シーズン到来!
あの忌々しい”G”ことゴキブリに遭遇しない、唯一の季節だ!と喜んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、冬はゴキブリにお目にかかることはないだろうと、安心していませんか?
それは油断かもしれませんよ!

実際ゴキブリにとって寒さは大敵。
低温になると卵すら死滅しますので、ゴキブリにとっては過ごしにくい環境ということは間違いありません。

ですが、あらゆるところに暖をとる場所があるのが現代の住宅です。
冬の間ゴキブリは、家の中にある暖かい場所でその寒さを過ぎるのをじっと待っているのです。

そんなゴキブリにとって、快適な環境を作り上げてはいませんか?

今回は『WooRis』の過去記事を参考に、冬にゴキブリを増殖させるNG行為を3つお伝えします!
ゴキブリに“住み家”を提供していないかチェックしてみてください!


■NG1:届いた荷物のダンボールをそのままにしている


年の瀬になるとお歳暮が届いたり、実家から野菜や果物などのありがたい仕送りがあったりと、なにかといただき物が増える時期でしょう。

その届いた段ボールをそのままにしてはいないでしょうか?

段ボールの断面にはスキマがあり、そこにゴキブリが潜んでいたり、卵を産みつけている可能性があります。そのまま放置していると、ゴキブリが家に棲みつき、卵がかえって増殖してしまうことも……!

いただきものは段ボールから出し、すぐにその段ボールは廃棄するようにしましょう!


■NG2:ビールの缶を放置している


忘年会でお酒を飲むことも多い季節、ご家庭によっては“おうち忘年会”を開催することもあるかと思います。

楽しく食べて飲んで、そのあと「片付けはあとででいいや~」とそのまま寝てしまっては大変です。

食べかすなどの放置はもちろん、ビールの臭いはゴキブリの大好物! 暖かい部屋とビールの臭いで、ゴキブリを誘引してしまうことになりかねません。

飲み終わった缶やペットボトルは水洗いし、臭いをださないよう注意を払いたいところ。忘年会で気持ちよく酔っぱらったあとも、後片付けはしっかり行うことをおすすめします。


■NG3:旅行中は換気扇を止めている


年末年始に実家に帰省したり、旅行にでかける方も多いのではないでしょうか。

家を空ける際には戸締りを忘れないことと同時に、無駄な電気は止めておきたいところ。そこで換気扇を切ってしまう……のはNGです。

ゴキブリはジメジメした環境が大好き。空気の循環がない家の中はゴキブリにとって好ましい場所となります。

換気扇は24時間回しっぱなしにして、さらに収納をすべて解放しておくと、こもりがちな収納の中も乾燥した空気を送ることができます。できる限り、ゴキブリがこもる場所をなくすように心がけましょう。



いかがでしたでしょうか?

これを読んでいる皆さんのしかめっ面が容易に想像できますが、冬の間にゴキブリに棲みつかれると、春にさらに繁殖してしまいます!
そんな恐ろしい事態を招かないよう、油断せずに対策をうっておいてくださいね!