だいたひかる 乳がんを告白!!”右乳房全摘”「がんを怖がって過ごすより、なるべく病気を忘れて笑って過ごす」

だいたひかる 乳がんを告白

119790


「どうでもいいですよ」を枕ことばに無表情で毒を吐くのが定番ネタで大ブレイクした女芸人・だいたひかる(41)が、20日発売の女性自身で、乳がんで右乳房全摘したことを語った。


だいたは38歳の時、アートディレクターとして活躍する小泉貴之(39)と再婚。
妊活を重視して仕事をセーブしていたため、最近ではテレビで見かける機会も少なくなっていた。
そんな中、2016年の初めに乳がん検診で乳がんが発覚したという。

「右胸にしこりがあるって言われて触ってみたら、ある。まったく気づかなかったことにビックリでした。その後のエコー検査でしこりが27ミリだって聞いて、でかくない?って思いました。組織検査に進むと言われて怖くなって……」


夫は、だいたの不安を打ち消すように、差し押さえ並みに家中に「大丈夫」と書いた張り紙をしたという。
それはどこまでも熱い性格である夫からの、無限大の愛だった。しかし、検査の結果は……。
 
「乳がんのステージIIA。リンパに転移しているかどうかは手術してみないとわからない。部分切除だと3分の1残せるけどリスクがどうのこうのって。ホルモン受容体陽性ってタイプだからホルモン療法が期待できるとか、お経みたいで……。よくわからないから、聞き方変なんですけど、『オススメはなんですか?』って聞いたんですよ。シェフのオススメは? みたいに(笑)。そしたら全摘って言われました。手術説明の後すぐにおっぱい再建の説明もされて、え? そんな同時に話す? って、またビックリでした。ドラマと違う!って(笑)」


リスクは最小限にということで、右乳房を全摘出することに夫婦で決めた。
入院前日、「最後のおっぱいを撮ろう」と夫婦で撮影会を行った。撮っているうちに、なぜか夫まで裸になったという。
だいたはその時のことをこう語る。
 
「日記には私、笑いすぎて顔面が肉球みたいだって書いてますね」


乳がんの手術は、切除範囲によっては日帰りもできるほどに技術が進んでいる。
だいたの場合は2月25日の手術前日に入院し、経過しだいでは1週間程度で退院できるというものだった。
しかし、術後、リンパに転移していたことが判明した。
 
夫は当時を、

「リンパに転移していてステージIIB。脇の下も切除し、腫瘍は周りの組織と一緒に45ミリの塊を取り出していて、大きな手術でした。すぐに抗がん剤やって、1週間後にはもう大丈夫だよってスピーディに解決してあげたい。でもそれは無理なことだし、明るい今日にする! しか頭になかったですね」

と振り返った。
 
その後、3月3日に退院。4月11日から抗がん剤治療を開始し、10月に終了。
現在だいたは、ホルモン治療中で1日1錠の薬を飲んでいるという。
だいたは、

「がんを経験したからには人に伝えたいことがあります。がんを怖がって過ごすより、なるべく病気を忘れて笑って過ごすということ。これに尽きます」

と語るが、再発や転移の不安が過ることもあるそうだ。
 
そんな時に夫は、

「虫歯のようなもの。できたら取ればいい、虫歯になったらどうしようって心配しても仕方ないよ。万が一、再発したとしても、悪いところを取って、いつものひかるちゃんになればいい」

と励ましてくれるという。

「再発・転移が心配なら検査するしかないですし。生き物は死亡率100%。余命200年なんて人、いませんからね。がんに振り回されていないで、乳がんあるあるネタを作ってみようかなと思うくらい(笑)」



だいたの告白に、ネットでも衝撃が走ったようだ。

最近みてないと思っていたら乳がん治療してたんですね。
旦那さんが理解ある人でよかった。

今、明るく話せるようになるまでには、
絶対に辛かったと思う。
いっぱい泣いたと思う。
恐怖と戦ったと思う。

明るく語ってるけど、女性として悩んだり苦しんだりしたでしょうね。ご主人の愛とご自身の明るさで、どうか「もう安心です」と言えるくらいに元気になりますように!

出典:コメント

などのコメントが出ている。